抱き癖の悩み

抱き癖の悩み

育児について考えの違いに気づいたら、対立ではなく、家族の基盤を築いていこう

『抱き癖』というワードは、どこか否定的。
赤ちゃんとの暮らしが本格的にスタートして間もなく、夫婦で意見の食い違いが出たり、両親から指摘されて悩みはじめやすい話題のひとつです。

育児の考え方の違いで、関係性まで揺らいでしまったケース、聞いたことありませんか?

「抱き癖がつくから。」
「抱き癖がついてしまったね。」
「抱き癖はむしろつけたほうが。」
赤ちゃんは泣いて訴えていますが、抱くべきか抱かないほうがいいのか?
迷うくらいならいいけれど、批判されたりすると育児がつらいものになってしまいますよね。

考え方の違いがあるのはとてもいいことで、そんな時こそ家族に基盤を築いていこう!

いったん言われたことで迷いはじめてしまったとき、やるべきことは家族の基盤に目を向けてファシリテートしていくこと。
正直なところ、答えなんてないからです。赤ちゃんの個性も状況もバラバラ。そのときでベストだと思うことを選択したほうがいいのです。

着眼点はどこ?

考え方の違いがあるときに、どちらの考え方が正しいかに着眼点を置くと、赤ちゃんを無視してしまい、話もまとまりません。ファシリテートしていく際には、家族それぞれが、その考えに至った理由に着眼していく必要があります。

例えば、
抱き癖を気にするときというのは、甘やかすことと甘えさせることの違いがわからなくて対応に困っているのがそもそもの理由かもしれません。自立に向けてどうサポートしていけばいいか不安なのかもしれない。または、身体的な問題があって、そもそも抱っこがきついのかもしれない。

きちんと順序立ててファシリテートしていけば、
「あっそれ、私も気になってた!」と夫婦でお互いへの理解が起きて、「じゃあどうしようか?」と、家族の次の一歩を話せるものなのです。

今回のケースで言えば、
抱っこするかしないかではなくて、自立というキーワードをきっかけに、将来受けさせたい教育の話までできたり、抱っこが体力的にきつければ、夫婦で赤ちゃんと川の字で寝て、ふたりであやしたり、自分たち家族のその時々に合ったアイデアは出てくるもの。そうやって家族の基盤を築いていくのです。

話しがスムーズに運べないときは

家族だからこそ、話し合おうとしてもうまくいかないときがあります。
✔ 言葉がでてこなくて寡黙になってしまう。
✔ 感情を相手にぶつけてしまう。
✔ 相手を理解できなくてなす術がない。
✔ ふたりの時間が持てない。
夫婦どちらかにこのような状況が起きたときは、それなりの理由があります。理由がわからずに一生懸命になってしまうと、コミュニケーション自体が億劫なものになって、難しくなってしまいます。気づいたときこそベストなタイミング!家族の基盤をステップに応じてじっくり構築していく必要があります。

ただいまメルマガを登録してくださった方に、
家族の基盤構築ステップがわかる! スマホで読める無料PDF冊子
ママの不安や重荷を解放して、家族の人生の成功を支える!
家族の基盤チェックシート
プレゼント中です。
ご登録ページはこちら↓
https://fromthefamily.jp/?page_id=11


離乳食を順調に進めていくコツとは?

離乳食を順調に進めていくコツとは?

はじめての赤ちゃんのはじめての離乳食。
離乳食は、栄養摂取、咀嚼など食事そのものを覚えること、味覚を覚えるという主に3つの目的があり、赤ちゃんの成長に欠かせないもの。いくら個人差があるといっても、なかなか進まないとママとして心配になってしまいますよね。 離乳食を順調に進めていくために大切なことを家族の基盤という観点からお伝えいたします。

食事に興味が向いているかな?

保健師さんが書いている情報には必ず、「食事に興味を持ち始めたら離乳食を開始する」と書いてあります。そうなんです。離乳食を進めるには、赤ちゃんのこころが離乳食に向いていることが大前提。さらに一歩踏み込んで考えると、継続的に興味を持ち続けていることが大前提なんです。

過去の私の失敗。

はじめての子のはじめての離乳食。作るのがすごく楽しみだったのですが、子どもが食べたのは初日のみ。そのあと、約2か月間、子どもが食事を食べないことが続きました。作っても食べてくれないので、当時かなり落ち込んでいた記憶があります。いま振り返れば、そのときの失敗点は2つ。食事の内容そのものに目が行きがちだったこと。当時の私、鼻息を荒くしながら息子の食事を見ていたかもしれません。いま冷静に振り返れば、ある意味怖い(笑) もうひとつは、家族で楽しく食卓を囲む空間づくりができていませんでした。

赤ちゃんが継続的に食事に興味を持ち続けるには?

赤ちゃんが食事に興味を持つ理由は単純。それは、ママがここちよく食事をしていること☆ 離乳食をはじめたとはいえ、まだまだ赤ちゃんの身体は未発達なので、口にしたものがカラダの成長に合わずに、おいしいと思えないかもしれない。その日の食材によって、舌触りが合わないかもしれない。だから、赤ちゃんが継続的に食事に興味を持ち続けるには、食事内容より、食卓がここちよい空間であることを体感的に伝えるのが先決なのです。

ママがここちよく食事をするには?

ママがここちよく食事をするには、心理的な状況がかなり関わってきます。
心配事があったり、ワンオペ育児で疲れてため息が出るような日々の中では、ここちよい空間づくりは難しくなってしまいます。
子どもの幸せを守るには、ママの幸せを守ることも同じくらい大切なこと。ママは、自分のことはさておき、子どものことに一生懸命になりがちですが、子どもは理解はできなくても、察知します。家族で長年暮らしていくのだから、思うような状況ばかりとは限らない。それでも、日々の幸せを守ることができる。それが、家族の基盤なのです。

ただいまメルマガを登録してくださった方に、スマホで読める無料PDF冊子
ママの不安や重荷を解放して、家族の人生の成功を支える!
家族の基盤チェックシートをプレゼント中。いますぐクリック!
↓ ↓ ↓
https://fromthefamily.jp/?page_id=11

娘の夜泣きの意外な原因に気づけたのは

わが子にあった夜泣きの原因をみつけるには

娘の夜泣きの原因は腸内環境の崩れ。原因を順に特定し、白米だとわかりました。離乳食を変える勇気を持てたのは、家族の基盤があってこそのことでした。

最初は、夜泣きはなす術なしだと信じていた

出産後から絶え間なく続く乳児のお世話。根を上げていられないからと言って気を張って頑張り続けてしまったその先に待っていたのは、夜泣き!体力も限界!夫が娘の背中をとんとん。私も娘の背中をとんとん。交代で乗り越えようとしていました。でも、、、

日中会社に行っている夫の体力が心配になった

会社に向かう夫の体力が気になったある日、ある教えを思い出しました。

”腸内環境が崩れていると睡眠の質が悪くなる!”

以前受けた食改善のコーチから教えられた言葉をふと思い出したのです。
「そういえば、離乳食の量が増えてきたころから夜泣きが始まった!」
そう気づいて、もういちど勉強し直し、離乳食を変えてみたところ、すぐに結果が出て、夜泣きはまったくなくなり、ぐっすり眠れるようになったのです。

原因はさまざま。だからこそ

今回娘の夜泣きの原因は離乳食だったといえると思います。
でも、夜泣きが起きた時、離乳食が原因とは限りません。
わが子にあったサポートをするには、
✔ 忙しくても日々を夫婦で肯定的に振り返えり、
✔ わが子の困った原因が何かを直面する勇気を持ち、
✔ 新しい方向性を見出し、
✔ 確かな情報収集をする慎重性をもつなど、
ひとつのプロジェクト並みにたくさんあります。

「あれ?何かおかしいな」そんな風に立ち止まれる余裕は、安定した夫婦関係があってこそです。今回のことでいえば、離乳食かもしれないと私が気づいたときに、「あなたがそう思うなら、そうなのかもしれない。必要な情報は?その情報の確かさは?検討した結果は?いまの様子は?」そう一緒に考えてくれる夫婦関係です。

結果を受け止められなくて夫婦関係がぎくしゃくしては、子どもに必要なサポートは与えられません。夫婦どちらかが こうするべきという思い込みがあったり、聞く耳を持てなくなると、問題点を見抜けなかったり、問題が複雑化してしまいます。そんなときに相手を責めるような夫婦関係ではなく、お互い相手を導けるような関係性を普段から築いていくことが大切です。

定期的にご自身の状況を把握して、快適で楽しい育児をしませんか?
ただいまメルマガを登録してくださった方に、スマホで読める無料PDF冊子
ママの不安や重荷を解放して、家族の人生の成功を支える!家族の基盤チェックシートをプレゼント中。https://fromthefamily.jp/?page_id=11