それって本当に子どもと本気でぶつかっていることになる?

以前トラストメイク学習法を受けていた生徒さんのママから、「子どもに本気でぶつかっていったら、そのままヒートアップして、家を出てしまいました」と、報告がありました。

確かに子どもたちと本気で向き合うことは、とても良いことです。

が、ママが家を出た経緯を聞くと、どうやら『本気』という言葉の意味の捉え違いが起きていたようです。

■ 本気で向き合うとは?

結論を簡単にお伝えすると、
『子どもと本気で向き合うとは、私が自分と本気で向き合った結果できること』です。逆に言えば、私が私と本気で向き合えないでいる限り、その分野で、子どもと本気で向き合うことはできません。

■ 自分と本気で向き合うとは?

怒りの下には、本当の気持ちが隠れているんでしたよね?

その本当の気持ちに逃げないで向き合う

=本気で自分と向き合う

=子どもと本気で向き合う

ということが起きてきます。

 

■ あなただけではない

家族関係の中で、いろいろな気持ちになることはとても自然なこと。あなただけではありません。「これくらい大丈夫」とするよりも、しっかり向き合って、成長しつづけていく姿を子どもたちに見せていきましょう。そうすれば、子どもたちの中で自分と向き合う力が培われていくことでしょう。

こういう時こそ、これを機会に、パートナーの力もぜひ借りてくださいね。
よい週末を

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA