学びをモノにするための最初のステップ

ファミリーファシリテーター堅田亜貴子です。

先日、うちの息子に
「泳ぎ方教えて」と言われました。

自分から「教えて」と言えることは良いことですよね。

が、しかし、いざプールに行くとなると、私の気の重さは増すばかり。

だって…
テスト勉強が出来ていない。
明日の準備が出来ていない。
あちこちに自分の荷物をバラまいたままになってる。
当然、子どもたちが自分で担当してる家事が出来ていない。

このまま気前よく、子どもたちの言うがままに
プールに行って帰ってきたら
「◯◯しなさい」のオンパレードになるのは目に見えている。

ということで、
私「連れて行ってほしいなら、やるべき事をやったところを見せて」と伝えました。もし、そのことを伝えてもやらないなら、それまでのこと。私がやりたい仕事を我慢してまでプールに行く話ではありません。

さて、子どもたちはどうしたか?

次の日のテストに備えて超集中勉強。
時間割も揃え、
プールに行くために、私の水着まで揃え準備万端。

実際プールに入った時も、
いつもより真剣に学ぼうとする姿勢が見受けられます。

自分がどのように困っているかという質問ポイントもバッチリで、私も指導しやすい。

結果的に、ふたりともその日の目標を20分で達成。
長男は、進級テストで飛び級出来るほど断然泳げるようになり、

次男は、次の日の漢字1学期まとめテストに一発合格。

本人たちもかなり自信につながったようです。

学びをモノにする最初のステップは、

"学ぶ姿勢を正す”こと。

親ができることは
子どもたちが『心から指導をお願いする』気持ち作りを導くことといったところでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA