方向性はシンプルになること

夫婦の絆が自立した子どもを育てる☆
人生の成功を支える家族の基盤構築
ファミリーファシリテーター堅田亜貴子です。

最近、すごく思うのは、すべてにおいてシンプルになることの大切さ。

あなたは、こんな経験ありませんか?

□ 何か特定のことを考えると、気が重くなる
□ あることについて、考えても答えが出ないし、引きずっている
□ 迷いがちである
□ 「これをしないのは、許されない」というのがある
□ 「~すべき」「~しなきゃ」が負担になっている
□ あることに批判的であるために、選択肢が絞られてしまう
□ 時間がかかっている
□ お金がかかっている

こんなとき、
目の前の出来事が問題化したり、
問題がもっと大きな問題になっていることに気づけたら、

少し立ち止まって、こころの声を聴いてあげる必要があります。

なぜなら、いろいろなことを抱えて、何が大切なのか?自分はどうしたいのか?見えなくなっている可能性が非常に高いからです。

例えばあるママが、「勉強は楽しいものなのに、子どもがちっとも勉強をしない」と嘆いてるケースについて考えてみましょう。

「勉強は楽しいもの。」「勉強はやって当たり前のもの。」というママが持ち合わせた感覚の中には、いろいろな要素が隠れている可能性があります。

例えば、親にそう言われて育った『思い込み』
親に勉強をしないとすごく怒られたことで『見捨てられ不安』
本当はすごく友達と遊びたかったのに『自分を投げ捨ててしまった』過去があるとか、
テストで低い点数を取ったことで、何かが起きて芽生えた『罪の観念』『批判』などなど、人によって、いろいろです。

なぜなら、本当に勉強が楽しいと思っていたならば、子どもにも伝わっているはず。または、あたたかく見守ってあげられるものです。

さて、方向性は、

シンプルさ!

でしたね。

何をシンプルにしていくかというと、
親が無意識に背負っているものにいかに気づいておろしていくか?
何を望んでいるのか?
ということを明確にするということなのです。

重荷を背負っていることに気づくと、
「本当は私はこうだった。そして子どもは自由にのびのびやっていた。むしろ、私もあのようにやってみたかった。」と受け入れることができ、

受け入れたうえで、ご自身が今まで体得した知恵を効果的に伝えられるようになったり、むしろ、受け入れただけで、子どもが変化するということが起きます。

 

私は個人セッション、個別学習、講座などを提供させていただいていますが、
何か私なりの特別な手法をお伝えするようなことはしたくないと考えています。

なぜなら、それは、ママがそれまで経験されてきたすべてのトライ&エラーを無駄にしてしまうことになるし、本当は既にある答えに気づけなくなってしまい、結果遠回りをしてしまうことになるからです。

トライ&エラーばかりをしていると疲れます。

それより、シンプルになることを目指して、あなたの中にある『答え』を掴むサポートをさせていただきたいなと思っています。

そうすることが、人生そのものを引き上げて、
人生の成功を支える家族の基盤構築になっていくのです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA