ごあいさつ

こんにちは!当サイト【ファミリーファシリテーター】にご来訪くださりありがとうございます。

子どもに必要な教育を考えるパパやママへ

結婚を機に家族関係が再編成されたように、
子どもが産まると、家族の新たなカタチがスタートし、
子どもの成長に伴い、夫婦関係、家族関係も変化していきます。

出産と同時に本格的な育児がスタート。次第に躾が必要な年齢に入ってくると、いよいよ習い事や幼稚園探しが始まります。
夫婦で意見が違うのは当たり前ですが、家族のビジョンが描けていない、描いていたはずがどこへやら?という状態でいると、夫婦どちらかの考えに一家が左右されるなど方向性を見失ってしまい、子育てにおいても一貫性を持てず、結果子どもを迷わせ、子どもが将来に希望を持てないなどの状態につながりかねません。

あなたとあなたのご家族の幸せとは?成功とは?

ずっと家族みんなが幸せでいたいというのは誰もが思うこと。でもその幸せって何でしょうか。ひと口に幸せといっても、それぞれ状況も違う、個性も違う、資源も様々なので、幸せのカタチはそれぞれです。まずはきちんと描いていくことが必要です。でもその前に、私たちが生きてきた中でまとってしまった鎧を下し、健全な自立をやり直すこと。幸せを描くにしても、あなたの過去の傷が土台になった幸せでは、無意識にわが子に重荷を背負わせてしまうことにもなりかねません。幸せに執着してしまう生き方をしていると、子どもの個性を見失って正しさを押し付けてしまったり、日々刻々変わる状況に応じることができず、状況に左右されてしまうあり方を子どもたちに伝えることになってしまうのです。

必要なのは、人生の成功を支える家族の基盤構築

大切なのは人生の成功を支える家族の基盤構築。それには、家族の人生の成功を支えるファミリーファシリテーターであるあなたの存在、あなた自身の幸せです。

 

夫婦の絆が自立した子どもを育てる
人生の成功を支える家族の基盤構築
ファミリーファシリテーター
堅田亜貴子

プロフィール

第2次オイルショックの打撃を受けた幼少期。
家族や塾の期待を背負っての某有名小学校受験は見事に失敗。改めて父がみつけてくれたクリスチャンスクールは大のお気に入り。

小学校の校長先生に憧れ、教師を志し想いはあるものの一向に成績は伸び悩む。

高校1年生の時に父が医療過誤で他界。進路を決める時期にあったが、将来に希望を持てないどころか、母を支えるのに精一杯だった。

高校の担任の先生に支えられ、秋山仁先生の衝撃的な授業を受け、なんとか偏差値40から70台の大学に合格。 奨学金をもらい、塾講師の経験を積みながら学費・生活費の一部を稼ぎ、教職の免許を取得。卒業時に、大学数学科主催の講演会『就職活動を乗り切るためのノウハウ』スピーカーを務める。  生徒のひと言でいったん教師への道に進むことをやめ、金融系シンクタンク業界へ。夫と出会ったことで将来の希望を見出し、結婚に至る。寿退社。夫の両親との時間を楽しみ、4人で海外や国内旅行を楽しむ。一方、大学時代の恩師に声をかけられ、数学科のネットワーク管理、学生の指導補助の仕事に就きながら、就職相談にのっていた。

母校の中学校の先生に声をかけられ、非常勤講師(数学)を務める。個々の子どもたちのこころの成長に寄り添う指導の必要性を感じ始める。丁寧な指導とわかりやすさで定評を得る。

その後、ふたりの息子に恵まれ、良い家庭を作っていく気持ちとは裏腹に、急激に家族関係が悪化。『育児をめぐる家族関係の悩み』『夫婦関係の悩み』を通して孤独感に陥り、ふたたび将来に希望が持てない状態になる。モンテッソーリ教育・ビジョン心理学と出会い、子どもの自立に寄り添いながら、自己成長に取り組むことで劇的に夫婦関係が改善。同時に数学への向き合い方と、健全な自立を歩むプロセスとの関係に気づき、カウンセリング型の個別指導を確立。

算数・数学が不得意な子どもたち向けに、カウンセリング型の個別指導【トラストメイク学習法】を提供していく一方で、

子ども時代からの自身の経験を土台とした【人生の成功を支える家族のための基盤構築プログラム】をママやパパ向けに開発。多くの子どもたちの可能性が広がるよう社会に貢献していくことをミッションにしている。

個別対応生徒数 300人以上
カウンセリング件数 153件
セミナーファシリテート 55回
キャンプファシリテーター 2010年~