こころの教育をしていくには?

人生の成功を支える家族の基盤構築
ファミリファシリテーター堅田亜貴子です。

こころの教育の土台は、家族関係にあると思います。

私たちは、人間である限り、完ぺきではないので、
こころの教育、こころの成長は、子どもばかりに注目される類いのものではなく、むしろ、大人である私たちが心していくものであると私は思います。

では、発展途上である私たちが、子どもたちに『こころの教育』をしていくには、どうしたらいいのでしょうか?

それは、
私が私のこころを大切にしていくことです。

私のことですが、10年前、自分はこころを大切に過ごしている込んでいました。

家族のことをとても大切に思って、

夫の両親を誘って毎年一緒に旅行に行ったり、
電話で私たちがうまく行ってることや夫の活躍ぶりを両親に報告したり、

子どもたちには、記念日プレゼントをスルーしちゃうパパの代わりに子どもたちにパパの想いを一生懸命伝えたり…

家族の絆を育むためにこころを尽くしていたからです。

 

私はこころを大切に過ごしている、そういう自負さえありました。

実際、そうだったと思います。家族に対しては、、、。

 

ところが、10年前のある日、当時心理学トレーナーをしていた友人に

「いま、どんなことを感じている?」

と質問されても、答えられませんでした。

 

それでも思いつく限り言葉を並べ、

「あの時の〇〇がイヤだった。
でもできれば、これからは□□の状態にしていきたい。
母親だもの、そうするべき。
答えはわかっている。
でも私がそのように出来ていないだけだ。」と、答えました。

 

ところがその友人に、
「どれも思考的で、あなたが何を感じているのか人にはわからない」
と、言われたのです。私は驚きました。

 

なぜなら当時、息子がお世話になっていたモンテッソーリスクールの園長先生にも、「考えるより、感じてみてね。それにはあなたが自分の時間を持つこと」
と、指摘を受けていたところだったのです。

 

そして『今』、このことを振り返ってみても、実際のコミュニケーションにおいて、感情表現がとても乏しかったとわかります。

 

例えばこうでした。

 

ネガティヴな気持ちを表現する時は、
・なんかイヤ
・怒ってる

 

ポジティブな時も、よく使う表現は、
・楽しい
・嬉しい

という表現に陥りがちでした。

 

人に気持ちを伝えるということがとっても未熟だということを知ったのです。

それ以前に、私自身、自分のこころを大切にしていなかったことに徐々に気づくことになります。

 

当時、私はとても感情的でした。つまり、感情的になっていたのは、私自身のこころを無視していた結果だったのです。こころの中でいろんなことが起きていても、蓋をし、たくさんの感情や思いを封じ込めてしまっていたのですね。

そのように自分のこころをぞんざいに扱った自分を、改めて振り返ると、
「家族に尽くしても、大切にされていない」と、感じていました。

 

でも、結局のところ、私が私自身のこころを無視した結果だったとわかったのです。(これについては、書くと長くなるので省きます。)

 

あれから10年、成熟した女性ってどんな女性なのか?
紆余曲折生きてきた今だからこそできる学びをしていきました。

私ならではの、人生の成功を支える家族の基盤構築の築いていきました。

結果、以前のように、「何を言っているのかわからない」と言われるのが怖くて、コミュニケーションをとることを諦めるようなことはなくなり、

今では家族に大切にされるようになり、

私を大切にしてくれた家族自身のの変化も大きなものでした。

 

家庭だからこそできる『こころの教育』
あなたも築いていきませんか?

本気で向き合った私の事例③

子どもたちをみると本気モードスイッチオンされる堅田亜貴子です。

 

私の本気モードは、子どもたちにすぐ伝わるようで、「先生って、授業、いつも本気だよね。」って言われます。

 

かつて私が中学校で教鞭をとっていたころは、生徒たちには、GTOではなく GTKと言われたりしていました(笑)

 

さて、子どもたちは、どんな時に私の本気モードを感じ取っていたと思いますか?

 

大きくは2つあります。

 

質問されたら、カリキュラムを吹っ飛ばして、とことん付き合うこと。

 

私の内的な体験を、生徒たちの前でごまかさず、ドギマギしながらも、きちんと伝えること。

 

子どもたちは、自分たちを子ども扱いされたり、話しをスルーされてしまうと、子どもたちはそれに気づいてがっかりするのだそうです。

 

ある男子高校生は、自分が中学生の時、先生の受け答えを見て、その教科を頑張るかどうか左右されていたと教えてくれました。

 

このほか、子どもたちに、過去の失敗談を話すのも、信頼関係を培うには良いネタです。

 

いつでも本気であるところ、魅せ続けたいなと思います。

 

本気で向き合った私の事例②

息子たちがまだ幼稚園に通っていた頃。私は何だか体力的にも疲れきっていたし、精神的にもとても辛くなっていた時期がありました。

 

出産直後からの夫とのコミュニケーションの積み重ねから、夫に家事や育児を頼めば手伝ってくれるという状況にありましたが、

 

私は何だかとっても空回りしていたように思います。

 

教員だった頃に、子どもたちに向けていたゆとりや信頼はどこへやら、気づいたら、子どものあるべき理想の姿や、子育ての理想を描き、

 

子どもたちにも厳しく厳しくしていました。

 

子どもたちを厳しく育てるには、その環境の一部である自分にも理想を突き付けて、

 

良いお母さん

 

良い奥さん

 

良い保護者

 

良い嫁

 

であろうとしていました。

 

幼稚園で、「丁寧な子育て」を評価される一方で、

 

幼稚園での息子に対するフィードバックが辛くなっていたのです。

 

結果、子どもを『直そう』と必死になってしまうありさまでした。

 

子どもたちは、むしろ症状が悪化。。。

 

そんな子どもたちを見ていると、もっとのびのび育てたいという気持ちが強くなっていきました。

 

ある日、「この状態を変化させたい」と思ったのです。

 

子どもに厳しくモードをいったんストップしました。

 

そして、自分と向き合ってみました。

 

 

とっても無理をしている自分に気づいてはいたのです。

 

 

でも…

 

その無理をする一方で、「絶対に私がやらなければ」と雁字搦めになっている自分がいました。

 

 

まるで、やめたいはずの無理を、

 

むしろ買って出てるようだと思えてきました。

 

「もう止めよう。」

 

「ん??????」

 

( 涙が出る… )

 

ようやく気づいたのです。

 

たくさん家族への想いがこみ上げてきました。

そして、私は自分に無理を強いて犠牲になることで、家族の中での自分の存在価値を必死で保とうとしていたのです。

 

家族の中で辛くなっている自分と向き合い、ダメな自分と向き合い、そのことを夫に素直に伝えました。徐々にですが、私は、例え私が何もできなくても、家族にとってかけがえのない存在なのだと心底思え、そんな自分を大切にするようになりました。

 

モノの見事に、
息子たちも自分を大切にいきるようになり、

 

私が厳しくしなくても、年齢相応の『判断』ができる子どもたちに育ってくれました。

 

本気で向き合っているつもりが、自分いじめになっていることありませんか?

そんな時は、客観的に聴いてもらう時間を取って、自分に優しくなるようにしましょう。

才能を開くコツ

人生の成功を支える家族の基盤構築
ファミリーファシリテーター堅田亜貴子です。

 

今日も才能についてのお話です。

才能は、天から授かったギフト。

才能を開かせるのは、コツがあります。

それは、

反応すること☆

 

では、ここでいう『反応』をするにはどうしたらいいでしょうか?

 

それは、状況や人に対して

こころを開く

ことがまず第一歩です。

 

日常の中で、何かが起きたとき、知らん顔をしていたら、何も才能は開きません。

「何ができるかわからないけれど、この場に立ち会おう」という精神でその場にいると、知らず知らず、できることが見えてきて、時にはやったことがないけれど、乗り越えられた!そんな経験ありませんか?

 

それこそが、こころを開いて反応した結果、ギフトを与えたことで乗り越えた結果なのです。

 

『問題の下にギフトがある』 ビジョン心理学チャック・スペザーノ博士

 

これは、問題がある時は、『ギフト』に気づき、世界に与えていくと乗り越えられますよ、と解釈できるのです。

 

「いきなり世界に才能を開くって、ドキドキしちゃう。」

と思ったら、ぜひ、ご家族の中で才能を与え合ってください!

お互いによい態度で受け取り、認め、育んでいくと、

世界にも与えられるすてきな人になっていけます。

 

ぜひ、こころがけてみてくださいね。

才能に気づこう☆

ひとつ向き合うごとに自信がつくトラストメイク学習法
ファミリーファシリテーター堅田亜貴子です。

初夏にかかり、芍薬が美しい花を咲かせ始めました。

芍薬は、つぼみの時期がとても長く、ゆったり広げながら、とても美しい大輪の花を咲かせます。

一方、花後のお手入れが手間ですが、次々に咲くお花もまたいいですよね。

まるでお花から贈り物を受け取っているみたい☆

同様に子どもたちはじめ、いろいろな方とお話しをしていると、まるでお花を咲かせるように、才能=ギフトを与えられた経験ありませんか?

例えば、

子どもが「ただいま」って帰ってきたときに、一瞬で空気が明るくなったり、

何か話が滞っている時に、誰かのひとことがプロジェクト全体を前進させたり、

気にかかっていることがあって、少しどんよりしているときに、偶然会った人と話しをしたら、ぱっと気分が晴れたり、

ある人の音楽を聴くと、こころが踊ったり、、、

こういうのも才能のひとつなんですね☆

 

お母さんと愛のレッスン

今日は母の日
お子さんがいらっしゃる方は、感謝される(本来ならば(笑))日でもありますね。

今日は、私と一緒に、『お母さん』について考えてみてくださいね。

これまで関わった子どもたちやパパママを見ていてもそうだったのですが、
お母さんに対する想いは、特別なのだろうなと感じています。
聞いてみると、

すっごく嫌いなんだって力説していたり、、、

お友達みたいに中が良い話をしていたり、、、

中には、自分のことはさておき、お母さんがどうかという話をしてくる方それぞれです。

 

大切なのは、好きか嫌いかはさておき、

あなたがお母さんを思い出した時に、

幸せな気持ちになれるかどうか?なんです。

ひいては、愛されていると感じたり、愛している喜びを味わっているか?

 

私は、、、母とはいつも一緒で、母のことがすごく好きだと信じ込んでいました。

母が他界し、改めてこころの中をみつめると、ある種の『緊張』がつきまとっていたことに気づきました。

その緊張は、母の期待に応えているかどうかの緊張でした。

母が他界したわけですから、

母の期待に応えるかどうかは、もう関係ないはず。

でもどうでしょう?

 

夫をはじめ、少し先輩にあたる女性や、私の権威、または、息子たちの先生との関係において、母との関係性を映し出していることに気が付きました。
「もう母は亡くなってるし、期待に応える必要もない」とどんなに自分に言い聞かせても、私がかつて母の期待に応えようとがんばっていたように、

夫の期待に応えようと無理したり、

先生の期待に応える気もさらさらない息子が不甲斐なく見えたり、

年上の女性にすぐ気に入られるけれど、どこか辛かったり、、、。
母との関係をじっくり見直すと、好きだったはずが、母に言われた言葉を引きずっていたり、あの時こうしてほしかったという不満が押し込められていました。

好きだという気持ちで、蓋していただけだったのですね(笑)

自分をみつめればみつめるほど、好きっていうのも、嫌いっていうのもどうでもよく、愛しあう幸せな関係性でいるかどうかがポイントなのだと気づくことができました。

自分が思った通りではないと、気に入らない顔をして、愛を受け取れないとか、

都合のよい部分だけを思い出して、「好き」って、本物ではないと気づけたのです。

さて、私は、母親でもあり、教師でもあり、妻でもあります。

逆の立場にいるわけです。

私と関わる子どもたちのために、

どのような後ろ姿を見せることができるでしょう?
それは、、、

背伸びする必要はありませんが、

 

母と愛を育み続けること。

 

母を思い出したり、

母と一緒に過ごして共に辛かったときを思い出して泣けたり、

いま幸せであることを報告したり、

天にいる母と、夫の母に捧げようと思います。
そして、子どもたちからは、愛を受け取るレッスンを受けます(笑)

 

子どもたちにたくさん与えさせてくださいね。

あなたが思う愛し方ではないと思います。

お子さんの愛し方にどれだけ気づけるか?

何か素敵な発見があったらぜひ教えてくださいね☆

 

それらを通して、お母さんを思い出して、ほんわか温かい気持ちでいっぱいになれたら、あなたのお子さんも大丈夫です☆

方向性はシンプルになること

夫婦の絆が自立した子どもを育てる☆
人生の成功を支える家族の基盤構築
ファミリーファシリテーター堅田亜貴子です。

最近、すごく思うのは、すべてにおいてシンプルになることの大切さ。

あなたは、こんな経験ありませんか?

□ 何か特定のことを考えると、気が重くなる
□ あることについて、考えても答えが出ないし、引きずっている
□ 迷いがちである
□ 「これをしないのは、許されない」というのがある
□ 「~すべき」「~しなきゃ」が負担になっている
□ あることに批判的であるために、選択肢が絞られてしまう
□ 時間がかかっている
□ お金がかかっている

こんなとき、
目の前の出来事が問題化したり、
問題がもっと大きな問題になっていることに気づけたら、

少し立ち止まって、こころの声を聴いてあげる必要があります。

なぜなら、いろいろなことを抱えて、何が大切なのか?自分はどうしたいのか?見えなくなっている可能性が非常に高いからです。

例えばあるママが、「勉強は楽しいものなのに、子どもがちっとも勉強をしない」と嘆いてるケースについて考えてみましょう。

「勉強は楽しいもの。」「勉強はやって当たり前のもの。」というママが持ち合わせた感覚の中には、いろいろな要素が隠れている可能性があります。

例えば、親にそう言われて育った『思い込み』
親に勉強をしないとすごく怒られたことで『見捨てられ不安』
本当はすごく友達と遊びたかったのに『自分を投げ捨ててしまった』過去があるとか、
テストで低い点数を取ったことで、何かが起きて芽生えた『罪の観念』『批判』などなど、人によって、いろいろです。

なぜなら、本当に勉強が楽しいと思っていたならば、子どもにも伝わっているはず。または、あたたかく見守ってあげられるものです。

さて、方向性は、

シンプルさ!

でしたね。

何をシンプルにしていくかというと、
親が無意識に背負っているものにいかに気づいておろしていくか?
何を望んでいるのか?
ということを明確にするということなのです。

重荷を背負っていることに気づくと、
「本当は私はこうだった。そして子どもは自由にのびのびやっていた。むしろ、私もあのようにやってみたかった。」と受け入れることができ、

受け入れたうえで、ご自身が今まで体得した知恵を効果的に伝えられるようになったり、むしろ、受け入れただけで、子どもが変化するということが起きます。

 

私は個人セッション、個別学習、講座などを提供させていただいていますが、
何か私なりの特別な手法をお伝えするようなことはしたくないと考えています。

なぜなら、それは、ママがそれまで経験されてきたすべてのトライ&エラーを無駄にしてしまうことになるし、本当は既にある答えに気づけなくなってしまい、結果遠回りをしてしまうことになるからです。

トライ&エラーばかりをしていると疲れます。

それより、シンプルになることを目指して、あなたの中にある『答え』を掴むサポートをさせていただきたいなと思っています。

そうすることが、人生そのものを引き上げて、
人生の成功を支える家族の基盤構築になっていくのです。

 

パートナーのギフトをいくつ書き出せますか?

夫婦の絆が自立した子どもを育てる☆
人生の成功を支える家族の基盤構築
ファミリーファシリテーター堅田亜貴子です

ギフトのお話のつづきです。

子どもが小さいと、ついこころも身体もこどもに全力傾けてしまいがちですが、、、そんなとき、要注意なのは、パートナーのことが見えなくなってしまう点。

あなたは、パートナーのギフトをいくつ書き出せますか?

□ 子どものことは思いつくけれど、パートナーのことになると手が止まる
□ パートナーのことを都合の良いお父さんに思っている
□ 普段もありがとうが、こころが伴わなくなっているときが多い

というときは、要注意!

パートナーのギフトが見えていないということは、
子育てをひとりで抱え込んでいる可能性が大!だし、子どもにパートナーの良さが伝わらないし、実は注意信号なのです。

パートナーのギフト、10個は書き出せますか?

ギフトってなんだろう?

夫婦の絆が自立した子どもを育てる
人生の成功を支える家族の基盤構築
ファミリーファシリテーター
堅田亜貴子です。

ギフトって言葉、なかなか聞きなれない言葉かもしれません。

私も心理学を学んではじめて知りました。

ギフトについて、私がいちばんピンとくる絵本があります。

こぐま社
かみさまからのおくりもの
著 ひぐちみちこ

赤ちゃんがうまれると、かみさまからおくりものをプレゼントされます。その中身は???

この絵本は、息子たちがモンテッソーリスクールに入園したときに、園からプレゼントされたもの。兄弟それぞれに渡された、うちの子どもたちにとっては、「ぼくだけの絵本」です。それぞれにおくりもの=ギフトがあるというメッセージだったのではないかなと思います。

さて、みなさんのギフトは何ですか?

一生懸命がんばっているママほど、ご自身のギフトに気づけず、むしろ自分の悪いところばかり目についたり、責めたりしてしまうようです。

でも、ママのそんな姿、子どもたちにとっては、悲しいこと。

というわけで、あなたのギフトみつけましょ☆
ご参考までに例を挙げてみました。いくつ当てはまりますか?
□ 明るい
□ 素直
□ 率直
□ 自然
□ 反応がよい
□ 気づく
□ 優秀
□ 豊かさ
□ 簡単さ
□ リーダーシップ
□ シンプル
□ 協力的
□ 学ぶ
□ オープンである
□ 純粋

などなど。。。

あなたのギフト、ぜひ教えてくださいね