こころの教育をしていくには?

人生の成功を支える家族の基盤構築
ファミリファシリテーター堅田亜貴子です。

こころの教育の土台は、家族関係にあると思います。

私たちは、人間である限り、完ぺきではないので、
こころの教育、こころの成長は、子どもばかりに注目される類いのものではなく、むしろ、大人である私たちが心していくものであると私は思います。

では、発展途上である私たちが、子どもたちに『こころの教育』をしていくには、どうしたらいいのでしょうか?

それは、
私が私のこころを大切にしていくことです。

私のことですが、10年前、自分はこころを大切に過ごしている込んでいました。

家族のことをとても大切に思って、

夫の両親を誘って毎年一緒に旅行に行ったり、
電話で私たちがうまく行ってることや夫の活躍ぶりを両親に報告したり、

子どもたちには、記念日プレゼントをスルーしちゃうパパの代わりに子どもたちにパパの想いを一生懸命伝えたり…

家族の絆を育むためにこころを尽くしていたからです。

 

私はこころを大切に過ごしている、そういう自負さえありました。

実際、そうだったと思います。家族に対しては、、、。

 

ところが、10年前のある日、当時心理学トレーナーをしていた友人に

「いま、どんなことを感じている?」

と質問されても、答えられませんでした。

 

それでも思いつく限り言葉を並べ、

「あの時の〇〇がイヤだった。
でもできれば、これからは□□の状態にしていきたい。
母親だもの、そうするべき。
答えはわかっている。
でも私がそのように出来ていないだけだ。」と、答えました。

 

ところがその友人に、
「どれも思考的で、あなたが何を感じているのか人にはわからない」
と、言われたのです。私は驚きました。

 

なぜなら当時、息子がお世話になっていたモンテッソーリスクールの園長先生にも、「考えるより、感じてみてね。それにはあなたが自分の時間を持つこと」
と、指摘を受けていたところだったのです。

 

そして『今』、このことを振り返ってみても、実際のコミュニケーションにおいて、感情表現がとても乏しかったとわかります。

 

例えばこうでした。

 

ネガティヴな気持ちを表現する時は、
・なんかイヤ
・怒ってる

 

ポジティブな時も、よく使う表現は、
・楽しい
・嬉しい

という表現に陥りがちでした。

 

人に気持ちを伝えるということがとっても未熟だということを知ったのです。

それ以前に、私自身、自分のこころを大切にしていなかったことに徐々に気づくことになります。

 

当時、私はとても感情的でした。つまり、感情的になっていたのは、私自身のこころを無視していた結果だったのです。こころの中でいろんなことが起きていても、蓋をし、たくさんの感情や思いを封じ込めてしまっていたのですね。

そのように自分のこころをぞんざいに扱った自分を、改めて振り返ると、
「家族に尽くしても、大切にされていない」と、感じていました。

 

でも、結局のところ、私が私自身のこころを無視した結果だったとわかったのです。(これについては、書くと長くなるので省きます。)

 

あれから10年、成熟した女性ってどんな女性なのか?
紆余曲折生きてきた今だからこそできる学びをしていきました。

私ならではの、人生の成功を支える家族の基盤構築の築いていきました。

結果、以前のように、「何を言っているのかわからない」と言われるのが怖くて、コミュニケーションをとることを諦めるようなことはなくなり、

今では家族に大切にされるようになり、

私を大切にしてくれた家族自身のの変化も大きなものでした。

 

家庭だからこそできる『こころの教育』
あなたも築いていきませんか?

本気で向き合った私の事例②

息子たちがまだ幼稚園に通っていた頃。私は何だか体力的にも疲れきっていたし、精神的にもとても辛くなっていた時期がありました。

 

出産直後からの夫とのコミュニケーションの積み重ねから、夫に家事や育児を頼めば手伝ってくれるという状況にありましたが、

 

私は何だかとっても空回りしていたように思います。

 

教員だった頃に、子どもたちに向けていたゆとりや信頼はどこへやら、気づいたら、子どものあるべき理想の姿や、子育ての理想を描き、

 

子どもたちにも厳しく厳しくしていました。

 

子どもたちを厳しく育てるには、その環境の一部である自分にも理想を突き付けて、

 

良いお母さん

 

良い奥さん

 

良い保護者

 

良い嫁

 

であろうとしていました。

 

幼稚園で、「丁寧な子育て」を評価される一方で、

 

幼稚園での息子に対するフィードバックが辛くなっていたのです。

 

結果、子どもを『直そう』と必死になってしまうありさまでした。

 

子どもたちは、むしろ症状が悪化。。。

 

そんな子どもたちを見ていると、もっとのびのび育てたいという気持ちが強くなっていきました。

 

ある日、「この状態を変化させたい」と思ったのです。

 

子どもに厳しくモードをいったんストップしました。

 

そして、自分と向き合ってみました。

 

 

とっても無理をしている自分に気づいてはいたのです。

 

 

でも…

 

その無理をする一方で、「絶対に私がやらなければ」と雁字搦めになっている自分がいました。

 

 

まるで、やめたいはずの無理を、

 

むしろ買って出てるようだと思えてきました。

 

「もう止めよう。」

 

「ん??????」

 

( 涙が出る… )

 

ようやく気づいたのです。

 

たくさん家族への想いがこみ上げてきました。

そして、私は自分に無理を強いて犠牲になることで、家族の中での自分の存在価値を必死で保とうとしていたのです。

 

家族の中で辛くなっている自分と向き合い、ダメな自分と向き合い、そのことを夫に素直に伝えました。徐々にですが、私は、例え私が何もできなくても、家族にとってかけがえのない存在なのだと心底思え、そんな自分を大切にするようになりました。

 

モノの見事に、
息子たちも自分を大切にいきるようになり、

 

私が厳しくしなくても、年齢相応の『判断』ができる子どもたちに育ってくれました。

 

本気で向き合っているつもりが、自分いじめになっていることありませんか?

そんな時は、客観的に聴いてもらう時間を取って、自分に優しくなるようにしましょう。

調子の悪いときほど、心がけるとよいこと

ファミリーファシリテーター堅田亜貴子です。

梅雨の時期到来の予感ですね。雨が降っていると、ぐっと睡眠が深まり、ついつい寝坊気味の私です。この季節に外を歩いていると、5月に芽吹いた葉っぱがキラキラしていて、雨と一緒にこころが洗われた気分になったり、とっても満たされた気分になります。

一方、低気圧の影響なのか、何となく調子が上がらないと感じることもあります。

みなさんは、雨、好きですか?

私たちは人間ですから、いくら学ぼうが、癒そうが、コントロールしようが、調子の悪いときはあるものです。仕方がないことです。

何か自分にとって不都合なこと、想定外のこと、ネガティブなことが起きたときに、何らかの『判断』が働き、『被害者意識』が働くのも、仕方がないことです。

人間ですから!

そもそも、何も起こらないように起こらないように気をつけすぎるのも、『自由』ではありません。「すべき」で凝り固まった人生になってしまいます。

私たちは過去の傷から、つい、何かから避けることに注力しがちですが、本当に大切なのは、何かが起きた時にどう向き合っていくか?です。

なぜなら、被害者意識が働いたままでいると、思考がグルグル働いて、状況に『浸る』ということが起きてしまいます。浸ると、私たちの生命エネルギーを思考をグルグルさせることに費やしてしまうからです。

いろいろ学んでいる人ほど、罠に陥りやすいのはそのためです。

 

体調に影響したり、
家族が敏感に察知したりします。

 

家族のファシリテーター役をしている私たちが、被害者意識から脱する方法を知っていることはとても大切です。

被害者意識に陥ったとき、『感情』と向き合うことで癒し、成長していくことができた時、本当の意味で問題が解決に向かっていき、ギフトも開いていきます。

 

実際、起きた出来事より、被害者意識に陥ったまま、状況が硬直状態である方が、人間にとって辛いのではないのでしょうか?

だからこそ、ファミリーファシリテーターであるママたちには、人生のアカウンタビリティ(選択責任)のレベルを上げていくことを皆さんにお伝えしています。その方がいろいろな意味で段違いに楽だということがわかったからです。

 

さて、私が調子が悪い時にこそ大切にしていることの一つを今日はご紹介します。

それは、『丁寧な生活』です。

特に食事。

食事は人間にとって欠かせないもの。

食事の準備を大切にしています。

食事の準備は、ひとつの家族への愛情表現だからです。(自分自身にも)

調子が悪いときほど、食事が二の次になりがちで、悪循環に陥りがちです。

食事の準備を大切にするとは、時間をかけて手の込んだお料理をするという意味ではありません。

1品でもいいので丁寧に作るという意味です。

実際、丁寧に作ると、味が格段に変わります。

丁寧さの中に、愛情があるからですね☆
□ おいしく食べられるように、心も満足しおいしいと思えるメニューを考える。

□ 家族のニーズを取り入れる。

□ 自分のニーズも取り入れる。

□ 丁寧に作られた食材や調味料を集める。

□ おいしいと思える適当な大きさに揃えて食材を切っていく。

□ 食材の特性を知って調理する。

□ 食材が持つパワーを大切に失うことなく調理する。

□ テーブルセッティングをする。

 

丁寧に作られ、新鮮なお野菜は、それだけのパワーを持っています。当然、それを扱っている私たちにも影響します。

丁寧に作っているうちに、自分の中にある『愛』が呼び覚まされて、調子が上がるのがわかります。

丁寧に作られたものを身体に摂り入れることで、人生のステージが変わるとも言われています。

また、引き寄せるものも変わってくると言われています。

 

子どもにガミガミ言う必要も時にはありますが、食事はおいしく、そして親ができる最大の手助けだなあと感じています。
というわけで、私が調子の悪いときほど、心がけていることは、

『丁寧さ』

でした。

怒られている側の体験

人とのかかわりの中で、いろいろな感情を豊かに体験することは素晴らしいこと。

怒りもそのひとつ。

でも、怒りを相手にぶつけてしまってはバツが悪いし、

過去の自分自身が向き合えなかった体験を人に、しかも自分より小さな人たちに押し付けているのってちょっと恥ずかしい、、、(汗)

実際のところ、怒りをただただぶつけられている子どもたちには何か伝わっているのでしょうか???

 

あなたが本来伝えたかったことは、何も伝わっていない

 

です。
それよりも、怒りは攻撃なので、傷つき、本能的に逃げる=こころを閉じています。

以前お伝えした通り、学ぶ=こころを開く 必要があります。

怒ったことで、相手が変化したようにみえても、それは真実ではありません。

 

コミュニケーションは本来、愛しあうこと。
相手に伝わるまで待つこともかなりの忍耐ですが、それも愛なのです。

 

忍耐は、相手に『愛』として伝わります。
子どもたちのこころの支えになります。

子どもたちは、本来学びたい欲求を持っています。

忍耐を持てば、必ず『その時』がやってきます。

そして、信頼されます♡

あなたは、

過去に向き合えなかった感情を相手にぶつけてしまう未熟な大人でいたいですか?

それとも、

過去に向き合えなかった感情に向き合い、成長をつづけ、
子どもに寄り添い、信頼される大人になりたいですか?

怒りとは、自分がしてしまったと思うことで人を責めること

*。,。**。,。**。,。*

今週の学び
チャック・スペザーノ博士著
~傷つくならばそれは愛ではない~
92日目
『怒りとは、自分がしてしまったと思うことで人を責めること』

*。,。**。,。**。,。*

怒りについてのレッスン、上級者編です。

怒っているときに、相手に『どうしてもこのことを言ってやりたい』という駆り立てられる感じは、その大元を探ると、過去の体験が浮上するようです。

例えば、私の例で行くと、夫がスマホに注目すると、そのスイッチが入ってしまいがち(汗)

今週の学びの
『怒りとは、自分がしてしまったと思うことで人を責めること』とはどういうことでしょうか?

私の例をさらに検証してみましょうね。

私は幼少期、
家族でとても楽しい食卓を囲んだ経験もあれば、
地獄のような両親の喧嘩に耳を塞ぐようなことも多々ありました。

小学2年生のときに始めた体操や、学校は、ある意味、私の逃げ場になりました。

いつしか、家族が喧嘩していても、どこかその時間をやり過ごし、無関心を装うか、思いっきり家族の誰かを攻撃した記憶があります。

そして、高校1年生で父が亡くなったときに、
『私がお父さんを責めたからだ』『私が家族に無関心だったからだ』という罪悪感が湧きおこり、怖れと悲しみが入り混じった何とも言えない気持ちになりました。

その私が、大人になり、結婚し、家庭を持ち、、、夫がある態勢を取ると、瞬間反応してしまうのです。

そう、夫がスマホに没頭しているときに((笑))。

かつて家族を無視した自分と夫を重ね合わせ、

私は自分が無視されたような気持ちになったり、

理解や関心をもってもらえないように感じ寂しくなったりすることで、

過去の罪悪感を埋め合わせるようにしていることに気づきました。

そして、そんなことはさておき、かつて私たち家族に起きたように、家族がバラバラになってしまうという怖れから、夫に怒り、自分の思い通りにコントロールしようとしていたことにも気づきました。

では、どうしたらいいのでしょうね?

 

過去の罪悪感に向き合い、本当は自分は無実なのだというところまでいけば、怒りスイッチは消滅です。

 

でも今日皆さんにお伝えしたいのは、

『いま』を知ること。

いろいろな感情の源は、過去の体験がベースです。

感情の渦に入り込んでしまうと、

『いま』が見えなくなりがちです。

怒りを認め、大手を広げて深呼吸し、『いま』に目を向ける勇気を持つこと。

 

その後、本当は夫は、私のためにリサーチしてくれていたことに気づけ、無実だと気づけました(反省・(笑))

 

そうすると、かつての自分への理解も深まり、罪悪感が和らいでいくのです。

罪悪感スイッチは、エゴの戦略。

愛の力で乗り越えて、成熟さに磨きをかけていきたいですね。

怒りに到達しなくなる極意

怒りたくなったらまずはそんな自分の気持ちに寄り添うということをお伝えしました。

でも「最近、私は怒ってばかりでいやになってしまう」「怒ってばかりいる自分に嫌気がさす」という場合、そもそも怒らなくて済んだら楽ですよね。

今日は私が取り組んでいることを例えにそのことについて考えてみましょう。

 

早速、私事ですが、時折、私の夫がスマホに没頭していると、いやーな感じがしてしまいます。

瞬間湯沸かし器のように、怒っていた時期もありました。

「なんで私ばっかり」という思いが募ってしまったのです。

 

でもある時、立ち止まって感じてみたのです。

怒りの大元は何なのか???

その時は、私は体調が悪く、無理をして、夫の好みの食事を作っていました。
食事をした後に、休みたかったのですが、お皿を洗わずにおいておくことを許さない夫の顔色を伺って、無理をしてお皿を片づけていたのでした。

ありがとうと言ってほしい気持ち、
無理して、我慢していることをわかってほしい気持ち、
気遣ってほしい気持ちがありました。
不思議と、自分で自分の気持ちに気づいたときに
少し溜飲が下がったのを感じました。

でもだからと言って、無理をする必要はありません。
手伝ってほしかったので、試しに夫に、私の気持ちを伝えてみました。

「あのね、楽しく過ごしたいと思うから、明るく見えると思うけれど、実は今日体調が悪いの。できれば、今すぐ休みたいし、お皿洗いは、休んでからゆっくりしたい。」という風に。

いろいろ話し合いの結果、夫はその日を境にお皿洗いを手伝ってくれるようになり、お皿の使い方が見直されたり、最終的には食器洗い乾燥機を購入してくれました。

少し気持ちを伝えたくらいでは、改善に結び付けないことも、コミュニケーションを重ねていけば、ふたりにとってよい方法がみつかるものです。

ふたりにとってよい方法をみつけるためのコミュニケーション

いいと思いませんか?でも、怒りを持ったままでは、本来の自分の気持ちに気づけることも、伝えることもできないまま、状況をひとりで抱えてしまうことになってしまうものです。

私の場合、たった1回の成功体験が、私のコミュニケーション力を一気に引き上げてくれました。

怒りに到達する前に、自分の気持ちを夫に伝える努力をすればいいとわかったので、取り組むことが楽しくなりました。

怒りたくなったときに、その前に何を感じていたのか?注目してみてくださいね。最初の一歩は、自分自身を律する必要があります。でも、ふたりの関係のためです。愛の力で乗り越えましょう♡

怒っちゃダメ?

アンガーマネジメントという言葉が昨年流行りましたよね。

少しその流行が落ち着いてきた頃、
「怒ってはいけないと思うと苦しくて」と、相談を受けました。

その相談に対して、私から、
「怒りそのものは、否定しないであげてね。感情は、誰にコントロールされるべきものではなく、尊重されるもの。そのまま認めてあげましょう」とお伝えしました。

そうなんです。感情はコントロールするものではありません。
否定をすると、抑圧してしまいます。
元々、怒りは2次的な感情なので、実はその下に潜んでいる別の感情が、さらにむくむくと膨らんでしまうのです。

 

ここで問題になってしまうのは、

「私は怒っている」という感情を認めずに、

「相手に怒りをぶつける」という行動に出てしまうこと。

 

その混同があるので、相談者様も怒りに対して対処しようとされたのですね。

 

まずは自分の中にある怒りがあることに

気づき

そして、

湧き出てきた自分の感情をただただ

まずはあなたが、受け止めてあげましょう。

 

怒っているときには、なかなか自分では受け止められないもの。
普段から自分のための時間をもって、

「あの時、なんで怒っていたのだろう?」
「本当はどんな気持ちがあったのかなあ?」

ということに、目を向けておきましょう。