家族みんなで幸せごはんの工夫

こんばんは。ファミリーファシリテーター堅田亜貴子です。

今日の子どもたちのおやつは、柿とみかんのチアシード入りスムージーにしました。

お肉も白米も大好きな家族です。いわゆる、酸性に傾きやすい食事を好みます。昨日、リビングフードスクールの講座で、『酸性に傾いているときの身体の症状』を学びました。私は、過去、自分がストレスでいっぱいだった時のことを思い出しましたが、夫は、「いま」そうだと嘆いていました。

そんな夫を見ながら思ったことがあります。

お肉も白米も大好きな家族の食改善がスムーズにいかないのは想定内だったけれど、いざ家族の反応がいまいちだと、凹んで、どこか諦めモードだったなあと。まだまだできることがあるんじゃないかと、想いを新にすることができました。

私は、まだまだ改善途中ですが、
ひどかったアレルギーが改善してきたり、
アレルギー反応がでやすい食べ方に気づいてコントロールできたり、
調子が傾き始めたときに、早いうちに手を打てるようになってきました。

そんな私も、チョコレート依存だったのに、気づいたら、身体が喜ぶ食事にシフトしていっているので、

私のうまくいったプロセスを参考に、家族の食が自然にそして楽しく改善の方向にシフトできるよう、再出発しました。

家族みんなで幸せごはんの工夫は、
☑ 楽しむこと
☑ 母である自分自身から食改善
です。

身体は資本。
まさに、人生の成功を支える家族の基盤作りにつながる、
ファミリーファシリテーターとしての大事なお仕事です。

食後、長男から、「ママは、心理学のレポート書きに集中するんでしょ。こっちは、技術のレポート完成するからさっ。お互いがんばろうぜー」と言われました。

ローを摂りいれた食事は、食後に眠くなりません。良い感じです。

学習支援という立場から

とある小学校で学習支援をしています。

この数か月、大学での勉強を進めながら、学習支援について考えてきました。

子どもの状態、学校の接し方・捉え方が違う中で、

どんなサポートが必要なのか?
その軸は、何であるのか?
特別支援とは何か?

これまでの経験を手放し、改めて考えてみたかったのです。

答えは、、、
学習支援を必要としていようがいまいが、
子どもたちが必要としているものは同じだと感じました。

 

つまり、自立のための支援です。

 

学習支援は、一歩間違えると、学校の勉強についていけるよう、最低限のことを『理解』ではなく、『教え込む』という方向に行きがちですが、それでは、いつまでたっても支援が必要な子どもを育てるだけだなと感じます。

 

自立のための支援とは何でしょうか?

 

そもそも、学校の勉強についていけるようにするには、
学校の授業にこころを開いていけるようにする手立てが必要だと私は常々感じています。

 

こころが開かないうちは、何も吸収しないからです。

 

授業を楽しく!というのもひとつかと思いますが、
授業を楽しくするにしても、子どもたちをよく観察する必要があるのです。

 

それには、授業中の子どものあるべき理想の姿であるかどうかに注目するのではなく、子どもたちがとっている行動そのものの真意をよく観察するのです。

 

なみに、子ども本人が、授業についていけているのかどうかは、本人がいちばん感じているところです。
みんなと同じように授業を受けたり、
問題を解けるようになりたいと思うものなのです。

 

でも、それができない。。。

そして、本人なりにどうしているのか???

 

いっけん、問題行動だったりしますが、その理由がわかったときに、どう支援するかが見えてくるのです。

 

すてきなのは、ひとりひとりにあった支援がみつかるのです♡

 

それは、今まで私が算数や数学を通して子どもたちに接してきた在り方と一緒。
教えていて、ワクワクしちゃいます。

 

要は、子どもたちの学習サポートに必要なこちらのあり方は共通していて、彼らの自立を支援することだと私は考えます。

 

子どもたちの笑顔が見られる支援。

一緒に考えていきませんか?

不安ではなく信頼

6月に発症した甲状腺炎が残る中の高齢出産です。
数値は大したことないものの、
不安要素は多い状況。

お腹の子のこと、
出産そのもののこと、
産んであとからのこと、、、

でも、気持ちをしっかり持って、
不安ではなく、

『愛』

を選びたいです。
いまは、『信頼』するということ。

ひとたびそちらに目を向けると、思い出せるんです。

この子の存在のパワーとか、
夫とふたりで受け入れた瞬間、
息子のメッセンジャーぶり、
コーラスの友人たちが、穏やかな顔をしていると言ってくれたこと、
産科の先生が、「安産オーラ出てますね」と言ってくれたこと。

そっか♡って思える。
みんなの見ていてくれる私たちを思い出し、それを信じようと思える。

そして、感謝がでてきます。

不安というエゴではなく、
信頼という愛を生きよう♡

息子の存在に感謝~人生のプランを手放したプロセス~

まさかの高齢出産発覚から、1ヶ月が経ちました。

夫と話していたのですが、

夫とふたりでこの子の迎えた瞬間というのがありました。

振り返れば、この子の気配は、昨年から感じていて、

そのパワーはすごくて、

息子たちは、特に下の子は早くから察知して、メッセンジャーになってくれていました。

彼の声があったから、

夫婦で人生のプランを手放し、

この子の存在に気づき、

迎え入れる準備ができたのだと思います。

息子の存在がなければ、

私はこの使命に気づきもせず、受け入れることもできず、

仕事に翻弄する日々を送っていたかもしれません。

改めて、息子の存在はすごいなと思います。

大切なメッセンジャーぶりに、感謝を何度か息子に伝えています。

息子に、自分の存在意義をしっかり感じてほしいという気持ちもあります。

伝えると、彼はとても素敵な笑顔を魅せてくれます。

彼のこらからの人生の心の支えになること間違いなしです。