学習支援という立場から

とある小学校で学習支援をしています。

この数か月、大学での勉強を進めながら、学習支援について考えてきました。

子どもの状態、学校の接し方・捉え方が違う中で、

どんなサポートが必要なのか?
その軸は、何であるのか?
特別支援とは何か?

これまでの経験を手放し、改めて考えてみたかったのです。

答えは、、、
学習支援を必要としていようがいまいが、
子どもたちが必要としているものは同じだと感じました。

 

つまり、自立のための支援です。

 

学習支援は、一歩間違えると、学校の勉強についていけるよう、最低限のことを『理解』ではなく、『教え込む』という方向に行きがちですが、それでは、いつまでたっても支援が必要な子どもを育てるだけだなと感じます。

 

自立のための支援とは何でしょうか?

 

そもそも、学校の勉強についていけるようにするには、
学校の授業にこころを開いていけるようにする手立てが必要だと私は常々感じています。

 

こころが開かないうちは、何も吸収しないからです。

 

授業を楽しく!というのもひとつかと思いますが、
授業を楽しくするにしても、子どもたちをよく観察する必要があるのです。

 

それには、授業中の子どものあるべき理想の姿であるかどうかに注目するのではなく、子どもたちがとっている行動そのものの真意をよく観察するのです。

 

なみに、子ども本人が、授業についていけているのかどうかは、本人がいちばん感じているところです。
みんなと同じように授業を受けたり、
問題を解けるようになりたいと思うものなのです。

 

でも、それができない。。。

そして、本人なりにどうしているのか???

 

いっけん、問題行動だったりしますが、その理由がわかったときに、どう支援するかが見えてくるのです。

 

すてきなのは、ひとりひとりにあった支援がみつかるのです♡

 

それは、今まで私が算数や数学を通して子どもたちに接してきた在り方と一緒。
教えていて、ワクワクしちゃいます。

 

要は、子どもたちの学習サポートに必要なこちらのあり方は共通していて、彼らの自立を支援することだと私は考えます。

 

子どもたちの笑顔が見られる支援。

一緒に考えていきませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA