お客様の声 ~学級崩壊を越えた小学校の先生編~

ファミリファシリテーター

学級崩壊を経験した子どもたちのクラス担任の先生の声です。
ファミリーファシリテーターは、クラスをひとつのファミリーと見立てて、先生向けのコンサルテ―ション型カウンセリングを進めていきます。

今回は、小学校5年生の担任の先生の声をお届けします。
クラスの子どもたちは、3年生のとき、学級崩壊を経験した子どもたちです。
その時に体験した不安、不信を抱えたまま、5年生になり、修了式1週間前になりました。
この担任の先生は、子どもたちのために立ち上がった勇気の持ち主です。

色々ありがとうございました。
無事に修了式が終わりました。
最後に日には子どもたちに向けた
手紙を書いて読みました。
読んでいるうちに感極まって泣いてしまったんだけど、
子どもたちはよく聞いていてくれました。
隣の部屋で一人一人に通知表を渡している間に、こどもたちが黒板に、ありがとうのメッセージを書いてくれました。
「先生のおかげで私たちは変わることができました。」って書いてあって泣けました。

お互い道に迷った一年間でしたが、幸せな気持ちを味わいます。
そのためにも、本当に感謝しています。
ありがとうございました。

「他の先生のサポートになるのであれば、この声をシェアしてください」とのこと。
今回掲載に至りました。
敬意をもって、シェアさせていただきます。

ファミリーファシリテーター
堅田亜貴子

気負わないことが家族のため

ファミリーファシリテーター

子どもに辛い顔を見せてはいけないと頑張っているママがいる。

もし、そのママが必要以上に文句いっぱいで、 ひとつひとつの選択に責任を持てないようであれば、 そんな風に頑張るのも時には役立つだろう。

でももし、、、
何もかもひとりで抱えるというスタンスならば、どうだろうか。

子どもは感じ取る、ママの無理を。

子どもは勘違いする、自分が無力だって。

子どもは学んでしまう、
限界超えても誰にも助けを求めずひとりで頑張ることを。

つい自分の中でおさめるのが大人なのかもしれないけれど、
握りしめている力をふっと抜いてみて!

あなたは、あなたの隣にいる天使のような存在にきづけるはず。

それは、あなたが思うようなカタチのサポートではないかもしれないけれど、 数倍素敵な子どもからのサポートを受け取れる。

そして感じてみて!

子どもが何を受け取っているのかを。

夫婦の絆が自立した子どもを育てる
人生の成功を支える家族の基盤構築
ファミリーファシリテーター 堅田亜貴子

あなたは子どもに勉強しろと言う派?言わない派?

夫婦の絆が自立した子どもを育てる☆人生を成功に導く家族の基盤構築 ファミリーファシリテーター 堅田亜貴子です。

受験生を抱えているみなさま、冬休み中、いかがお過ごしでしょうか?

先日、息子が通っている中学校の保護者会で担任の先生が、「私も中学生の親ですが、子どもって何度言っても、親の思い通りに勉強しませんよね。みなさんのご苦労がわかります」と、話されていました。

 

■「子どもに勉強しろと言いすぎてもダメ、かといって言わないのも、、、」と悩むことはありませんか?

いろいろな育児法があり、親子によって結果は様々。
だからこそ、迷ってしまうのだと思います。

あなたは、以下のようなタイプのお母さんを見聞きしたことはありませんか?
そして、どう感じたでしょうか?
その後の育児に影響がありますか?

タイプ1
既に有名大学などに進学した親御さん
「うちは一切、勉強しろと言ったことはない」

タイプ2
「進路のことは子どもに任せます」と言いつつ、
実際は、子どもが思い通りにならないと、子どもをコントロールしはじめていた

タイプ3
「子どもはコントロールしてナンボだ」と豪語しているお母さん。
育児に自信があるお母さん。一方で子どもは、裏表がある。

タイプ4
子どものことはわからないので、塾に任せるのがいちばん。

などなど。。。

あなたがこのようなタイプの育児を見聞きして、もし、少しでも迷いがあるのであれば、良い機会なので、立ち止まって考えてみましょう。

ここで、最初にお伝えしておきたいのは、

策なんて必要ないし、臨機応変さが必要

ということなのです。

では、臨機応変に対応するには、どうしたらよいのでしょうか?

■ 大切なのは”親のあり方”

やってみせることで、子どもがモデリングしやすくなります。
そして、子どもは必要なことを吸収していきます。
親が臨機応変というよりも、子どもが自ら、親のあり方から学べるというわけです。

例えば、 子どもが人を馬鹿にする態度が気になったら、
親である私たち自身がパートナーや自分自身との関係をみつめられるような時間を取ってみましょう。

例えば、 子どもが努力していないように見えたら、
過去諦めたことを再チャレンジするチャンスかもしれません。

また、子どもの態度が気になっていることを話し、
あなたの過去の失敗を打ち明けるのもとても良いことです。

完璧じゃない方がよい!
■ あなたの価値観を子どもたちにシェアしましょう

時に実況中継のように、「いま」「何をしていて」「どんなことを実現させたいか」「その理由」などを話してみてください。

もし、あなたが、そのことに取り組んでいる途中だとしても、それでよいのです。

親が本気で!楽しく!そのことに取り組んでいることが大切なのですから。

「私は」を主語にして、子どもの意見を聞く姿勢をとれたら、子どもは尊重されている体験をし、信頼関係の構築にも役立ちます。

あなたは子どもに勉強しろと言うか言わないかの答え

もうわかりましたか?答えはあなたの内か、子どもたちとのコミュニケーションの間にあります。

ひとりで乗り越えようとしないで!

いかがでしょうか?私も子育てしながら行き詰まりを感じるときがあります。

そんな時は、私の成長のチャンス!と思って、意識を向ける矢印の向きを“子ども”から、“自分”に向けなおして、自分自身の成長に取り組みます。そうするほうが、子育ての軸がぶれないので、失敗して方向性を変えたとしても、一貫性と誠実さが周りの人に伝わるのです。

行き詰まったときは、まずは自分自身をみつめる時間を持ちましょう。
書き出してみる、パートナーやママ友に話すなどもよいでしょう。
ただ、言えないこと、うまく表現できないこと、言ってもアドバイスされて、すっきりあなたの気持ちが引き出されないこともあるでしょう。
そんなときこそ、お電話くださいね。

お問い合わせ先、090-1842-2518 または info@fromthefamily.jp まで!