こころの教育をしていくには?

こころの教育の大切さが謳われるようになってから、ずいぶん時間が経ちました。学校の道徳の時間は、以前にも増して充実していて、感心します。でも実際、子どもたちのこころに影響しているのは、身近な大人、つまり親であることは言うまでもないかもしれません。

こころの教育の土台は、家族関係にあります。

私たちは、人間である限り、完ぺきではないので、
こころの教育、こころの成長は、子どもばかりに注目される類いのものではなく、むしろ、大人である私たちが心していくものです。

大人も発展途上である

時々ママたちが口にするのは、「私たちはもう十分学んできたので、子どもに」という声を聞きますが、本当にそうなのでしょうか?
どうやら私たち大人も、こころの成長は、発展途上だというあり方の方が、子どもたちも受け入れられやすいようです。

発展途上である私たちが、子どもたちに『こころの教育』は可能か?

可能どころか、もう既にしています。
子どもたちは、私たち大人の後ろ姿=あり方を日々学んでいます。とてもよく観察し、吸収しています。

 

こころの教育をどうしていくべきか?

『私』が『私』のこころを大切にしていくことです。

私のことですが、10年前、自分はこころを大切に過ごしていると思い込んでいました。

家族との時間を大切にし、

夫の両親を誘って毎年一緒に旅行に行ったり、
電話で私たちがうまく行ってることや夫の活躍ぶりを両親に報告したり、

子どもたちには、記念日プレゼントをスルーしちゃうパパの代わりに子どもたちにパパの想いを一生懸命伝えたり…

家族の絆を育むためにこころを尽くしていたと自負していたからです。

 

実際、そうだったと思います。家族に対しては、、、。

 

ところが、10年前のある日、心理学講座に参加したときのこと。

「いま、どんなことを感じている?」

と質問されても、答えられませんでした。

 

それでも思いつく限り言葉を並べ、

「あの時の〇〇がイヤだった。
でもできれば、これからは□□の状態にしていきたい。
母親だもの、そうするべき。
答えはわかっている。
でも私がそのように出来ていないだけだ。」と、答えました。

ところが、
「どれも思考的で、あなたが何を感じているのか人にはわからない」
と、言われたのです。私はとても衝撃を受けました。

なぜなら当時、息子がお世話になっていたモンテッソーリスクールの園長先生にも、「考えるより、感じてみてね。それにはあなたが自分の時間を持つこと」
と、指摘を受けていたところだったのです。

そして『今』、このことを振り返ってみても、実際のコミュニケーションにおいて、感情表現がとても乏しかったとわかります。

 

例えばこうでした。気持ちを表現するということもなかったし、敢えて表現するならば、

ネガティヴな気持ち
・なんかイヤ
・怒ってる

ポジティブな気持ち
・楽しい
・嬉しい

というものに陥りがちでした。私は、人に気持ちを伝えるということがとっても未熟だということを知ったのです。次第に、私は自分のこころを大切にしていなかったことに徐々に気づくことになります。

『感情的』と『表現が豊か』とは違う

その当時、私はとても感情的でした。そんな自分を感情表現が豊かだとさえ思っていました。でも実際は、前述の通りでした。つまり、感情的になっていたのは、私自身のこころを無視していた結果だったのです。こころの中でいろんなことが起きていても、蓋をし、たくさんの感情や思いを封じ込めて、爆発していただけだったのです。

「家族に尽くしても、大切にされていない」のではなく

私が私自身のこころを無視した結果だったとわかっていきました。
あれから10年、成熟した女性ってどんな女性なのか?紆余曲折生きてきた今だからこそできる学びをしていきました。

以前のように、「何を言っているのかわからない」と言われるのが怖くて、コミュニケーションをとることを諦めるようなことはなくなり、

今では家族に大切にされるようになり、

私を大切にしてくれた家族自身のの変化も大きなものでした。

家庭だからこそできる『こころの教育』
あなたも築いていきませんか?

 

夫婦の絆が自立した子どもを育てる
人生の成功を支える家族の基盤構築
ファミリーファシリテーター
堅田亜貴子

怒られている側の体験

人とのかかわりの中で、いろいろな感情を豊かに体験することは素晴らしいこと。

怒りもそのひとつ。

でも、怒りを相手にぶつけてしまってはバツが悪いし、

過去の自分自身が向き合えなかった体験を人に、しかも自分より小さな人たちに押し付けているのってちょっと恥ずかしい、、、(汗)

実際のところ、怒りをただただぶつけられている子どもたちには何か伝わっているのでしょうか???

 

あなたが本来伝えたかったことは、何も伝わっていない

 

です。
それよりも、怒りは攻撃なので、傷つき、本能的に逃げる=こころを閉じています。

以前お伝えした通り、学ぶ=こころを開く 必要があります。

怒ったことで、相手が変化したようにみえても、それは真実ではありません。

 

コミュニケーションは本来、愛しあうこと。
相手に伝わるまで待つこともかなりの忍耐ですが、それも愛なのです。

 

忍耐は、相手に『愛』として伝わります。
子どもたちのこころの支えになります。

子どもたちは、本来学びたい欲求を持っています。

忍耐を持てば、必ず『その時』がやってきます。

そして、信頼されます♡

あなたは、

過去に向き合えなかった感情を相手にぶつけてしまう未熟な大人でいたいですか?

それとも、

過去に向き合えなかった感情に向き合い、成長をつづけ、
子どもに寄り添い、信頼される大人になりたいですか?

怒りに到達しなくなる極意

怒りたくなったらまずはそんな自分の気持ちに寄り添うということをお伝えしました。

でも「最近、私は怒ってばかりでいやになってしまう」「怒ってばかりいる自分に嫌気がさす」という場合、そもそも怒らなくて済んだら楽ですよね。

今日は私が取り組んでいることを例えにそのことについて考えてみましょう。

 

早速、私事ですが、時折、私の夫がスマホに没頭していると、いやーな感じがしてしまいます。

瞬間湯沸かし器のように、怒っていた時期もありました。

「なんで私ばっかり」という思いが募ってしまったのです。

 

でもある時、立ち止まって感じてみたのです。

怒りの大元は何なのか???

その時は、私は体調が悪く、無理をして、夫の好みの食事を作っていました。
食事をした後に、休みたかったのですが、お皿を洗わずにおいておくことを許さない夫の顔色を伺って、無理をしてお皿を片づけていたのでした。

ありがとうと言ってほしい気持ち、
無理して、我慢していることをわかってほしい気持ち、
気遣ってほしい気持ちがありました。
不思議と、自分で自分の気持ちに気づいたときに
少し溜飲が下がったのを感じました。

でもだからと言って、無理をする必要はありません。
手伝ってほしかったので、試しに夫に、私の気持ちを伝えてみました。

「あのね、楽しく過ごしたいと思うから、明るく見えると思うけれど、実は今日体調が悪いの。できれば、今すぐ休みたいし、お皿洗いは、休んでからゆっくりしたい。」という風に。

いろいろ話し合いの結果、夫はその日を境にお皿洗いを手伝ってくれるようになり、お皿の使い方が見直されたり、最終的には食器洗い乾燥機を購入してくれました。

少し気持ちを伝えたくらいでは、改善に結び付けないことも、コミュニケーションを重ねていけば、ふたりにとってよい方法がみつかるものです。

ふたりにとってよい方法をみつけるためのコミュニケーション

いいと思いませんか?でも、怒りを持ったままでは、本来の自分の気持ちに気づけることも、伝えることもできないまま、状況をひとりで抱えてしまうことになってしまうものです。

私の場合、たった1回の成功体験が、私のコミュニケーション力を一気に引き上げてくれました。

怒りに到達する前に、自分の気持ちを夫に伝える努力をすればいいとわかったので、取り組むことが楽しくなりました。

怒りたくなったときに、その前に何を感じていたのか?注目してみてくださいね。最初の一歩は、自分自身を律する必要があります。でも、ふたりの関係のためです。愛の力で乗り越えましょう♡