それって本当に子どもと本気でぶつかっていることになる?

子どもが大きくなってくると、
子どもに本気で向き合うことの必要性を感じることがあります。

赤ちゃんのときは、全面受け入れられたことでも、親子関係は変化するもの。自然なプロセスの中で、パパやママの変化が起きてきます。

今回はその『本気モード』について考えてみましょう。

あなたは、こんな経験ありますか?

□ 「子どもに本気でぶつかっていったら、そのまま自分がヒートアップしてしまった」
□ 「本気だから、一生懸命何回も何回も伝えているけれど、改善されないどころか、うっとおしがられた」

 

確かに子どもたちと本気で向き合うことは、とても良いことですが、何かがズレているとうまくいきません。

 

本気で向き合うとは?

結論を簡単にお伝えすると、
『子どもと本気で向き合うとは、私が自分と本気で向き合った結果できること』逆に言えば、私が私と本気で向き合えないでいる限り、その分野で、子どもと本気で向き合うことはできません。なぜなら、あなたがその課題を乗り越えているいないに関わらず、そのままのあり方が相手に伝わるからです。

 

■ 自分と本気で向き合うとは?

本気で向き合ってもうまくいかないとき、何らかの感情が隠れています。それはどんな感情でしょうか?

感情に向き合うことは、時に勇気がいることだったりします。
言い訳をしたくなったり、
いつも気分転換してごまかしたくなったりします。

感情に向き合う=本気で自分と向き合う=子どもと本気で向き合う
という構図を覚えておきましょう

家族関係の中で、いろいろな気持ちになることはとても自然なこと。あなただけではありません。「これくらい大丈夫」とするよりも、しっかり向き合って、成長しつづけていく姿を子どもたちに見せていきましょう。そうとすれば、子どもたちの中で自分と向き合う力が培われていくことでしょう。

こういう時こそ、これを機会に、パートナーの力もぜひ借りてくださいね。パートナーがあなたと違うものの見方をしてくれているときは、よく聞いてみると、案外抜け道が見えるものです。

でも、パートナーも同じ課題を抱えていて、ふたりで陥ることもあります。そんなときは、、、

そんなときは、ご相談ください。
お子さんの今後を一緒に考えていきましょう

夫婦の絆が自立した子どもを育てる!
人生の成功を支える家族の基盤構築
ファミリーファシリテーター
堅田亜貴子でした

怒られている側の体験

人とのかかわりの中で、いろいろな感情を豊かに体験することは素晴らしいこと。

怒りもそのひとつ。

でも、怒りを相手にぶつけてしまってはバツが悪いし、

過去の自分自身が向き合えなかった体験を人に、しかも自分より小さな人たちに押し付けているのってちょっと恥ずかしい、、、(汗)

実際のところ、怒りをただただぶつけられている子どもたちには何か伝わっているのでしょうか???

 

あなたが本来伝えたかったことは、何も伝わっていない

 

です。
それよりも、怒りは攻撃なので、傷つき、本能的に逃げる=こころを閉じています。

以前お伝えした通り、学ぶ=こころを開く 必要があります。

怒ったことで、相手が変化したようにみえても、それは真実ではありません。

 

コミュニケーションは本来、愛しあうこと。
相手に伝わるまで待つこともかなりの忍耐ですが、それも愛なのです。

 

忍耐は、相手に『愛』として伝わります。
子どもたちのこころの支えになります。

子どもたちは、本来学びたい欲求を持っています。

忍耐を持てば、必ず『その時』がやってきます。

そして、信頼されます♡

あなたは、

過去に向き合えなかった感情を相手にぶつけてしまう未熟な大人でいたいですか?

それとも、

過去に向き合えなかった感情に向き合い、成長をつづけ、
子どもに寄り添い、信頼される大人になりたいですか?

怒りとは、自分がしてしまったと思うことで人を責めること

*。,。**。,。**。,。*

今週の学び
チャック・スペザーノ博士著
~傷つくならばそれは愛ではない~
92日目
『怒りとは、自分がしてしまったと思うことで人を責めること』

*。,。**。,。**。,。*

怒りについてのレッスン、上級者編です。

怒っているときに、相手に『どうしてもこのことを言ってやりたい』という駆り立てられる感じは、その大元を探ると、過去の体験が浮上するようです。

例えば、私の例で行くと、夫がスマホに注目すると、そのスイッチが入ってしまいがち(汗)

今週の学びの
『怒りとは、自分がしてしまったと思うことで人を責めること』とはどういうことでしょうか?

私の例をさらに検証してみましょうね。

私は幼少期、
家族でとても楽しい食卓を囲んだ経験もあれば、
地獄のような両親の喧嘩に耳を塞ぐようなことも多々ありました。

小学2年生のときに始めた体操や、学校は、ある意味、私の逃げ場になりました。

いつしか、家族が喧嘩していても、どこかその時間をやり過ごし、無関心を装うか、思いっきり家族の誰かを攻撃した記憶があります。

そして、高校1年生で父が亡くなったときに、
『私がお父さんを責めたからだ』『私が家族に無関心だったからだ』という罪悪感が湧きおこり、怖れと悲しみが入り混じった何とも言えない気持ちになりました。

その私が、大人になり、結婚し、家庭を持ち、、、夫がある態勢を取ると、瞬間反応してしまうのです。

そう、夫がスマホに没頭しているときに((笑))。

かつて家族を無視した自分と夫を重ね合わせ、

私は自分が無視されたような気持ちになったり、

理解や関心をもってもらえないように感じ寂しくなったりすることで、

過去の罪悪感を埋め合わせるようにしていることに気づきました。

そして、そんなことはさておき、かつて私たち家族に起きたように、家族がバラバラになってしまうという怖れから、夫に怒り、自分の思い通りにコントロールしようとしていたことにも気づきました。

では、どうしたらいいのでしょうね?

 

過去の罪悪感に向き合い、本当は自分は無実なのだというところまでいけば、怒りスイッチは消滅です。

 

でも今日皆さんにお伝えしたいのは、

『いま』を知ること。

いろいろな感情の源は、過去の体験がベースです。

感情の渦に入り込んでしまうと、

『いま』が見えなくなりがちです。

怒りを認め、大手を広げて深呼吸し、『いま』に目を向ける勇気を持つこと。

 

その後、本当は夫は、私のためにリサーチしてくれていたことに気づけ、無実だと気づけました(反省・(笑))

 

そうすると、かつての自分への理解も深まり、罪悪感が和らいでいくのです。

罪悪感スイッチは、エゴの戦略。

愛の力で乗り越えて、成熟さに磨きをかけていきたいですね。