こころの教育をしていくには?

こころの教育の大切さが謳われるようになってから、ずいぶん時間が経ちました。学校の道徳の時間は、以前にも増して充実していて、感心します。でも実際、子どもたちのこころに影響しているのは、身近な大人、つまり親であることは言うまでもないかもしれません。

こころの教育の土台は、家族関係にあります。

私たちは、人間である限り、完ぺきではないので、
こころの教育、こころの成長は、子どもばかりに注目される類いのものではなく、むしろ、大人である私たちが心していくものです。

大人も発展途上である

時々ママたちが口にするのは、「私たちはもう十分学んできたので、子どもに」という声を聞きますが、本当にそうなのでしょうか?
どうやら私たち大人も、こころの成長は、発展途上だというあり方の方が、子どもたちも受け入れられやすいようです。

発展途上である私たちが、子どもたちに『こころの教育』は可能か?

可能どころか、もう既にしています。
子どもたちは、私たち大人の後ろ姿=あり方を日々学んでいます。とてもよく観察し、吸収しています。

 

こころの教育をどうしていくべきか?

『私』が『私』のこころを大切にしていくことです。

私のことですが、10年前、自分はこころを大切に過ごしていると思い込んでいました。

家族との時間を大切にし、

夫の両親を誘って毎年一緒に旅行に行ったり、
電話で私たちがうまく行ってることや夫の活躍ぶりを両親に報告したり、

子どもたちには、記念日プレゼントをスルーしちゃうパパの代わりに子どもたちにパパの想いを一生懸命伝えたり…

家族の絆を育むためにこころを尽くしていたと自負していたからです。

 

実際、そうだったと思います。家族に対しては、、、。

 

ところが、10年前のある日、心理学講座に参加したときのこと。

「いま、どんなことを感じている?」

と質問されても、答えられませんでした。

 

それでも思いつく限り言葉を並べ、

「あの時の〇〇がイヤだった。
でもできれば、これからは□□の状態にしていきたい。
母親だもの、そうするべき。
答えはわかっている。
でも私がそのように出来ていないだけだ。」と、答えました。

ところが、
「どれも思考的で、あなたが何を感じているのか人にはわからない」
と、言われたのです。私はとても衝撃を受けました。

なぜなら当時、息子がお世話になっていたモンテッソーリスクールの園長先生にも、「考えるより、感じてみてね。それにはあなたが自分の時間を持つこと」
と、指摘を受けていたところだったのです。

そして『今』、このことを振り返ってみても、実際のコミュニケーションにおいて、感情表現がとても乏しかったとわかります。

 

例えばこうでした。気持ちを表現するということもなかったし、敢えて表現するならば、

ネガティヴな気持ち
・なんかイヤ
・怒ってる

ポジティブな気持ち
・楽しい
・嬉しい

というものに陥りがちでした。私は、人に気持ちを伝えるということがとっても未熟だということを知ったのです。次第に、私は自分のこころを大切にしていなかったことに徐々に気づくことになります。

『感情的』と『表現が豊か』とは違う

その当時、私はとても感情的でした。そんな自分を感情表現が豊かだとさえ思っていました。でも実際は、前述の通りでした。つまり、感情的になっていたのは、私自身のこころを無視していた結果だったのです。こころの中でいろんなことが起きていても、蓋をし、たくさんの感情や思いを封じ込めて、爆発していただけだったのです。

「家族に尽くしても、大切にされていない」のではなく

私が私自身のこころを無視した結果だったとわかっていきました。
あれから10年、成熟した女性ってどんな女性なのか?紆余曲折生きてきた今だからこそできる学びをしていきました。

以前のように、「何を言っているのかわからない」と言われるのが怖くて、コミュニケーションをとることを諦めるようなことはなくなり、

今では家族に大切にされるようになり、

私を大切にしてくれた家族自身のの変化も大きなものでした。

家庭だからこそできる『こころの教育』
あなたも築いていきませんか?

 

夫婦の絆が自立した子どもを育てる
人生の成功を支える家族の基盤構築
ファミリーファシリテーター
堅田亜貴子

それって本当に子どもと本気でぶつかっていることになる?

子どもが大きくなってくると、
子どもに本気で向き合うことの必要性を感じることがあります。

赤ちゃんのときは、全面受け入れられたことでも、親子関係は変化するもの。自然なプロセスの中で、パパやママの変化が起きてきます。

今回はその『本気モード』について考えてみましょう。

あなたは、こんな経験ありますか?

□ 「子どもに本気でぶつかっていったら、そのまま自分がヒートアップしてしまった」
□ 「本気だから、一生懸命何回も何回も伝えているけれど、改善されないどころか、うっとおしがられた」

 

確かに子どもたちと本気で向き合うことは、とても良いことですが、何かがズレているとうまくいきません。

 

本気で向き合うとは?

結論を簡単にお伝えすると、
『子どもと本気で向き合うとは、私が自分と本気で向き合った結果できること』逆に言えば、私が私と本気で向き合えないでいる限り、その分野で、子どもと本気で向き合うことはできません。なぜなら、あなたがその課題を乗り越えているいないに関わらず、そのままのあり方が相手に伝わるからです。

 

■ 自分と本気で向き合うとは?

本気で向き合ってもうまくいかないとき、何らかの感情が隠れています。それはどんな感情でしょうか?

感情に向き合うことは、時に勇気がいることだったりします。
言い訳をしたくなったり、
いつも気分転換してごまかしたくなったりします。

感情に向き合う=本気で自分と向き合う=子どもと本気で向き合う
という構図を覚えておきましょう

家族関係の中で、いろいろな気持ちになることはとても自然なこと。あなただけではありません。「これくらい大丈夫」とするよりも、しっかり向き合って、成長しつづけていく姿を子どもたちに見せていきましょう。そうとすれば、子どもたちの中で自分と向き合う力が培われていくことでしょう。

こういう時こそ、これを機会に、パートナーの力もぜひ借りてくださいね。パートナーがあなたと違うものの見方をしてくれているときは、よく聞いてみると、案外抜け道が見えるものです。

でも、パートナーも同じ課題を抱えていて、ふたりで陥ることもあります。そんなときは、、、

そんなときは、ご相談ください。
お子さんの今後を一緒に考えていきましょう

夫婦の絆が自立した子どもを育てる!
人生の成功を支える家族の基盤構築
ファミリーファシリテーター
堅田亜貴子でした

怒りとは、自分がしてしまったと思うことで人を責めること

*。,。**。,。**。,。*

今週の学び
チャック・スペザーノ博士著
~傷つくならばそれは愛ではない~
92日目
『怒りとは、自分がしてしまったと思うことで人を責めること』

*。,。**。,。**。,。*

怒りについてのレッスン、上級者編です。

怒っているときに、相手に『どうしてもこのことを言ってやりたい』という駆り立てられる感じは、その大元を探ると、過去の体験が浮上するようです。

例えば、私の例で行くと、夫がスマホに注目すると、そのスイッチが入ってしまいがち(汗)

今週の学びの
『怒りとは、自分がしてしまったと思うことで人を責めること』とはどういうことでしょうか?

私の例をさらに検証してみましょうね。

私は幼少期、
家族でとても楽しい食卓を囲んだ経験もあれば、
地獄のような両親の喧嘩に耳を塞ぐようなことも多々ありました。

小学2年生のときに始めた体操や、学校は、ある意味、私の逃げ場になりました。

いつしか、家族が喧嘩していても、どこかその時間をやり過ごし、無関心を装うか、思いっきり家族の誰かを攻撃した記憶があります。

そして、高校1年生で父が亡くなったときに、
『私がお父さんを責めたからだ』『私が家族に無関心だったからだ』という罪悪感が湧きおこり、怖れと悲しみが入り混じった何とも言えない気持ちになりました。

その私が、大人になり、結婚し、家庭を持ち、、、夫がある態勢を取ると、瞬間反応してしまうのです。

そう、夫がスマホに没頭しているときに((笑))。

かつて家族を無視した自分と夫を重ね合わせ、

私は自分が無視されたような気持ちになったり、

理解や関心をもってもらえないように感じ寂しくなったりすることで、

過去の罪悪感を埋め合わせるようにしていることに気づきました。

そして、そんなことはさておき、かつて私たち家族に起きたように、家族がバラバラになってしまうという怖れから、夫に怒り、自分の思い通りにコントロールしようとしていたことにも気づきました。

では、どうしたらいいのでしょうね?

 

過去の罪悪感に向き合い、本当は自分は無実なのだというところまでいけば、怒りスイッチは消滅です。

 

でも今日皆さんにお伝えしたいのは、

『いま』を知ること。

いろいろな感情の源は、過去の体験がベースです。

感情の渦に入り込んでしまうと、

『いま』が見えなくなりがちです。

怒りを認め、大手を広げて深呼吸し、『いま』に目を向ける勇気を持つこと。

 

その後、本当は夫は、私のためにリサーチしてくれていたことに気づけ、無実だと気づけました(反省・(笑))

 

そうすると、かつての自分への理解も深まり、罪悪感が和らいでいくのです。

罪悪感スイッチは、エゴの戦略。

愛の力で乗り越えて、成熟さに磨きをかけていきたいですね。