方向性はシンプルになること

育児の方向性に迷うことはありませんか?

家族の個性も置かれている環境もそれぞれ、幸せも成功のカタチもそれぞれなので、向かう方向性も様々かと思いますが、ひとつだけ、こころがけておくと役立つことがあります。

それは、すべてにおいてシンプルになることです。

あなたは、こんな経験ありませんか?

□ 何か特定のことを考えると、気が重くなる
□ 考えても答えがでなくて困っていることがある
□ 「~すべき」「~は許されない」と思っていることがある
□ 時間やお金のかけ方が家族のひとりに集中している
□ 家族に犠牲をしている人がいる

こんなとき、少し立ち止まって、あなた自身のこころの声を聴いてあげる必要があります。なぜなら、いろいろなことを抱えて、何が大切なのか?自分はどうしたいのか?見えなくなっている可能性が非常に高いからです。

例えばあるママが、「勉強は楽しいものなのに、子どもがちっとも勉強をしなくてイライラする」というケースについて考えてみましょう。

「勉強は楽しいもの。」「勉強はやって当たり前のもの。」というママが持ち合わせた感覚の中には、いろいろな要素が隠れている可能性があります。

例えば、親にそう言われて育った『思い込み』
親に勉強をしないとすごく怒られたことで『見捨てられ不安』
本当はすごく友達と遊びたかったのに『自分を投げ捨ててしまった』過去がある
テストで低い点数を取ったことで、何かが起きて芽生えた『罪の観念』『批判』などなど、人によって、いろいろです。

「私は勉強してきたのに、なぜ子どもはしない?」

子どもがあなたの隠れた内面を表現することがあるということを覚えておきましょう。

どのようにシンプルさを目指すとよいのか

明確にすることとよいことは2点です。
□ 無意識に何を背負っているのか?
□ 誰が何を望んでいるのか?

親が重荷を背負っていることに気づくと、
「本当は私はこうだった。そして子どもは自由にのびのびやっていた。むしろ、私もあのようにやってみたかった。」と受け入れることができ、受け入れたうえで、ご自身が今まで体得した知恵を効果的に伝えられるようになったり、むしろ、受け入れただけで、子どもが変化するということが起きます。

トライ&エラーから得ていることを活かしましょう

私は個人セッション、個別学習、講座などを提供させていただいていますが、何か私なりの特別な手法をお伝えするようなことはしたくないと考えています。

なぜなら、それは、パパ、ママや子どもたちがそれまで経験してきたすべてのトライ&エラーを無駄にしてしまうことになるし、本当は既にある答えに気づけなくなってしまい、結果、遠回りをしてしまうことになるからです。

トライ&エラーばかりをしていると疲れます。

それより、シンプルになることを目指して、あなたの中にある『答え』を掴むサポートをさせていただきたいなと思っています。

そうすることが、人生そのものを引き上げて、人生の成功を支える家族の基盤構築になっていくのです

 

夫婦の絆が自立した子どもを育てる
人生の成功を支える家族の基盤構築
ファミリーファシリテーター堅田亜貴子