子どもの言動・行動が気になるとき②

日本が消費社会に突入して40数年経っていると言われています。

子どもが観るテレビや雑誌を見ていると、子どもを消費者として扱っているCMが当たり前のように繰り広げられている世の中です。

消費社会の中では、「ファスト〇〇〇」とあるように、スピードが重視されています。

子どもを育てているパパとママは、
そんな消費社会の中に最初からどっぷりつかって育った世代ともいえます。

そんな現代人が陥りがちな傾向は、知らず知らず情報を浴びていて、「自分自身」が置いてけぼりになるところです。

消費社会は、競争も生み出すので、そんな傾向に拍車がかかるようです。

先日、子どもの言動・行動が気になるとき、まずは、「誰が」を明確にするということをお伝えしました。

自分自身を見失いがちな私たちにとっては、とても大切なワンステップなのです。今回は、状況別セカンドステップをみていきましょう。

①「私」が気になっていて、対策を講じても改善されない場合
「もしかしたら『別の見方』があるのかもしれない」そんな風に思えるだけでも、状況が変わってきます。あなた以外の誰かの見方に興味が持てたら、周りの人の声が聞きやすくなったり、身近でうまくいっているケースが目に留まるようになるかもしれません。

②「パートナー」が子どもの言動・行動を気にしていて、あなたが疲れている時
あなた自身の見方をしてみましょう。
パートナーに共有できていないことがあるかもしれません。コミュニケーションをとって、あなた自身の見方をわかちあうところからスタートしてみましょう。

③「経験者」があなたのお子さんの言動・行動を気にしていて、あなたが負担に思う場合
例えば、園や学校の先生、祖父母が、あなたのお子さんを見て気にしているケースでも、まずは、あなた自身の見方を整理してみましょう。お子さんを見ているのはパパやママ自身であり、パパやママならではのリソースがあるはずです。それを思い切って共有してみることも大事です。

ファミリーファシリテーターは、育児に関わる人の話を客観的に聴く必要があります。問題が起きたように感じたからと言って、偏った見方で対策を講じ大事なお子さんのありのままを見失わないようにしたいものですね。

夫婦の絆が自立した子どもを育てる!
人生の成功を支える家族の基盤構築
ファミリーファシリテーター
堅田亜貴子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA