ズレ

第2話    ズレ

1979年 私 7才。

私は某女子校を受験し、その結果を見るために会場に向かっていた。

母の期待膨らむ表情をよそ目に、私は重い足取りで坂をのぼっていた。

結果は、不合格。

私は、すっとこころの荷が降り、秋晴れの気持ちいい空気をやっとゆっくり吸えたのを感じていた。すがすがしく坂をくだっていく。

そう、この学校に行きたくなくなってしまったのだ。

というのも、試験合間のこと。

休憩時間だと思い込んだ私は思いっきり遊ぼうとしたが、何やら雰囲気がおかしいことに気づく。

見渡すと、何人かの先生が、名簿らしきものを片手にチェックしていたのだ。

えっ!?遊びすら試験?!

試験ってそういうことなんだ…と、ショックを受けたのだ。

私はとっさに、靴下を下げた。

お嬢様学校ではあり得ない身だしなみだ。

そして、その後に行われた筆記試験は気づいたらひとつずつズラして回答を書いていた。

そんなだったから、試験結果にほっとしたのだ。

帰り道、母は行きとは違い、口をつぐんでいた。

駅に着くと母は、塾と父に報告の電話をした後、落胆しきったまま駅の椅子に座り込む。

その様子は尋常ではなかった。

もしかして、私の不合格がこんなにもお母さんを泣かせている???

後に知ったのだが、

あの当時の父は、オイルショックの波にのまれ、自殺を考えてしまうくらい追い込められ、母は父を私の合格によって励ましたかったのだという。

母自身もそんな自分のズレに気づいたのは、だいぶ後のことだったそうだ。

その後、両親は私にぴったりな学校をみつけてきてくれた。

 大きなお庭のあるのびのびした学校。

大きなイチョウにうっとりして、試験中ぼおっと眺めて話しを聞いていなかったら、面接の時に怒られるのではなく、イチョウの話で先生と盛り上がり、この学校にこころから行きたいと思えた学校。

父はとっても幸せそうに私の小学校の入学式に参列してくれた。母は、ワンピースをあつらえ素敵に参列してくれた。

私は大きなお庭で悠々と友達と遊び、憧れの先生にも出会い、そのまま12年間通いつづけた。さらに、教員として戻るほど、その学校が大好きになった。

時間、労力、お金が流れていくとき、

子に見返りを期待してしまうとき、

結果にがっかりするときは、

子育てにおいてズレが生じているかもしれない。

子どものため

このフレーズも要注意ワードだ。

思い込みは、柔軟性をなくす。

思い込みは、家族の声をスルーさせる。

私の母も、近くの小学校が荒れていたので受験をさせる決断をしたこと自体は間違いではなかった。

でも準備する段階で少しずつ本来の意図からズレていってしまったのだ。

育児において、

母親というのは、たくさんの情報に囲まれる。本来の意図を見失うのも仕方がないことなのかもしれない。

大切なのは、

ズレたときのサイン

に気づくこと。

そのサインを知っていさえすれば、

不安になることも、

迷うこともなく、

らしい育児で子どもを幸せに導けるのだから。