寝かしつけを夫にお願いしたい!

パパの寝かしつけ

家族の基盤構築をしたら、夫が寝かしつけを進んで引き受けてくれるようになりました。

夫は、3人目の子育てで今回はじめて体験することが多いと言います。寝かしつけも、オムツ替えも、遊んであげた経験もあるのに、今回は感じ方がまったく違うそうです。それはなぜでしょうか?

授乳のことで精一杯だった私のはじめての子育て

はじめての妊娠、出産を経て、カラダがどんどん変化していくのはまさに神秘的。
頭では何が起きているか理解できても、こころが付いていってなかったかもしれません。
ましてや、夫のことを考える余裕はなく、仕事が忙しくなった夫に冷たく当たってばかりいました。愚痴や文句ばかり。寝かしつけをお願いするとしても、まるでやっかいなことを押し付けているかのようだったと思います。

あれから15年

12年の時を経て3人目の子育て。父親、母親としての経験はあるけれど、さらにひとり子どもを授かるという重み、愛する子が増えるということ、この子のパパとママになるというプロセスはやはり一からなんです。

今回は、親になっていく私のプロセスを夫にわかちあうことができました。そう、招き入れたのです。

妊娠中の経過や娘の状態を伝える。
私の心境の変化、親として気づけたことを伝える。
ミルクの飲ませ方を伝え夫に代わってもらったり、
寝かしつけを少しずつお願いするなどをしました。

泣かれる幸せ、ニコっとしてくれる幸せ

娘からしてみたら、ミルクを飲ませてくれて、上手に寝かしつけしてくれるパパが好き。
パパが朝起きて会社準備しはじめると、号泣。
帰ってきたときは満面の笑み。
そんな娘の表情に夫は育てている幸せを実感するそうです。

招き入れる幸せ

夫にいろいろわかちあえてよかったと思います。あんなに幸せそうな夫の顔を見られて私も幸せです。

家族の基盤を築いていきませんか?

パパが積極的に子育てできるよう働きかけていきたいところ。
もし、パパが指示待ちをする、面倒くさがる、なんだか残業が増えたなんて状況であれば、家族の基盤をいまのうちに整えておくことをお勧めします。

ただいまメルマガを登録してくださった方に、スマホで読める無料PDF冊子
ママの不安や重荷を解放して、家族の人生の成功を支える!
家族の基盤チェックシートをプレゼント中。
https://fromthefamily.jp/?page_id=11