子育て間違いたくない

子育てまちがってはいけない!?

今回の家族の基盤構築ポイント
結果を気にするスタンスから脱却して、責任を持つスタンスを学ぼう!

私が妊娠し、親として自覚を持ち始めたばかりの頃、子育ては親次第という言葉が気になっていました。

やがて言葉が重くのしかかり、
子育ての結果に注目しすぎたり、
子どもに何かあると親としての自分を顧みたのはいいけれど、責めるようにもなっていました。自分にも人にも厳しいから、家族関係はボロボロ。

そもそも親としての責任を持つことの意味を履き違えていたことに気づいたのは、この何年も後のことでした。

あのときはよくわからなかったけれど、後になってみたらあの経験が必要だったとわかった、そんな経験ありませんか?

「あのときはなんでこんなことが起きるのかと不満だったけれど、○年経ったいま、あのことがあってよかった」そんな経験を聞いたことがあったり、体験したことありませんか?また、「あのとき慌てて■■という選択をしなくて良かったな」ということも。

結果を気にするべきは、危険なことだけ。危険については、親があらかじめ危険を察知し、子どもの身を守る、年齢に応じて危険との付き合い方を伝えることが必要です。でもここでお伝えしているのは人生のこと。人生においては、受け入れていくことのほうが役立ちます。なぜなら、モノゴトにはいろいろな側面があるからです。むしろ、受け入れて視野を広げ対応する力を上げていくことに意義があるのではないでしょうか。

スタンスを変える

人生経験があるほど、視野が広がり、対応する力が備わっていきますよね。いわゆるサクセスストーリーは、問題から学んで成長していった物語。人間力とは、正解を出せる力ではなく、何があっても幸せに力強く生き延びていく力。であれば、最初から結果重視の学生スタンスを手放して、親としてのスタンスを磨きませんか?


持つべき親としてのスタンスとは

かつて結果重視だった頃の私です。
✔ 情報に頼っていました。
✔ 家族の声に振り回されていました。
✔ その反対に独断もありました。
✔ 思い込みも多く、
✔ 視野が狭い!
✔ 結果から何が悪かったのかいつも原因探し
✔ 家族関係が悪い
書きだすだけでもキツそうです。
このいちばんの問題点は、親として責任を持つスタンスではないということ。

家族の基盤を築いていくスタンスでは、
✔ 状況をまっすぐ受け止められる
✔ 有益な情報がすぐにみつかる
✔ 家族の声を聴ける。
✔ 家族に心配事を話せる。
✔ 家族の誰かの才能を使ってうまく乗り越えられる。

要は、見聞きした情報に振り回され、結果に右往左往するスタンスではなく、家族の『いま』必要なことに応じていくスタンスに立てるようになったのです。

ひとつ向き合うごとに成長していく、責任能力もUP。

家族関係は言うまでもありません。当時の私のままだったら家族が崩壊していたかもしれません。家族の基盤を築いていけたことで、家族全員それぞれが与え合う、私たち家族らしい幸せのカタチがみつかりました。

ただいまメルマガを登録してくださった方に、
家族の基盤構築ステップがわかる! スマホで読める無料PDF冊子
ママの不安や重荷を解放して、家族の人生の成功を支える!
家族の基盤チェックシートプレゼント中です。
ご登録ページはこちら↓
https://fromthefamily.jp/?page_id=11