親という役割に潜む罠

親の後ろ姿 見る子ども

覚えていますか?

妊娠したと知ったときに感じたずっしりとした責任の重さ。

こんな気持ちになったこと、ありますか?

親としてどうすれば?

親として何を伝えれば?

何があっていて、何が間違っているのか?

そんな思いに駆られて不安になる育児。

ベストを尽くしているつもりなんだけど、

うまくいかなかったり…

それどころか、育児に対する考えの違いから、夫との距離が離れていく気さえする。


うまくいっていることを頼りにする

例えば、私が育児し始めたときは、
息子の遊び、食事、このふたつに関して問題は持たないけれど、自立に関してはうまくいかなかった。

あなたはどうですか?


私がみていたのは息子ではない?!

遊びや食事に関しては、息子の声を聞き寄り添っているけど、

自立に関してとなると、私がみているのは息子ではなく、私の中の不安。

親と死別して傷が癒えなかった私が子どもたちに、将来自立できるような手立てがしたかった。そのためには厳しく厳しく。将来、私のように何もできない子どもに育ててはいけない!不安からそのような想いが募ってしまっていました。

でもある時気づきます。あれ?わたし、今でも自立できているのかしら?って。

ならば!と思い立ったこと、それは、キャンプでした。

自然の中に飛び込んで、ものの豊かさから離れてみたのです。まさに親である私が自立をやり直したのです。次第に私は息子の自立に緩やかに寄り添えるようになったのです。


子どもがみているもの

先をゆくおとなが、自分の成長に向き合えず、口先だけで言ってるとき、子どもは何をみているでしょうか?

自分のことを疎かに人に責任転嫁する生き方を伝えているとしたら?

信頼関係を築くことができません。

それどころか、子どもの無気力や孤独を生むことになってしまいます。


ママができること


伝わらない、そう感じたら、立ち止まり自分の内面をみつめる時だと捉えましょう。

そのうえで、何ら正解をもたず、寄り添うように努めます。するとどうでしょう?子どもの本心に気づき向き合え、信頼関係を築くことができるのです。

伝わるのは、親の後ろ姿

自分に真摯に向き合い、家族に誠実でいる、そんな生き方から子どもは学ぶのです。 

写真引用元 Designed by Yanalya

45歳 甲状腺炎 食改善後にまさかの自然妊娠

2017年5月。
長男14歳、次男12歳、夫は50代に突入、私、45歳アラフィフ仲間入り。

変化の波の中で、こんなラッキーが待ち受けているなんて、誰が予期したか…

次男だけは、「ママ、うちに赤ちゃんやってくるとしたら女の子の気がする」なんて言い始めてはいた。それを聞きながら、徐々に、そう、本当に徐々に、ほんの少しそんな気になったこともあった。でもまさか、本当に妊娠するとは…

その年の私は、前述通り変化の中にいて、これからどうする?というときだった。健康管理のため、食改善のコーチングを受け始めていた。なぜなら、友人たちに心配されるほど、疲れきっていたし、心理学を学んでいるだけでは幸せになるにも限界がある気がしていたからだ。実際のところ、原因不明のアレルギーにも見舞われていた。

食の改善は、思っていたものとまったく違った。コーチングを受ける前は、なんていうかどこか食道場に入るような…制限されるような気さえしていたが、コーチの睦美先生に

「我慢はだめ!続かないから!」

と言われたのだ。それもそのはず、睦美先生の提案は

ライフスタイルチェンジ!

であり、食だけにとどまらず、健康を手に入れるために生活全般の見直しのためのコーチングだったのだ。さらにそのためのレクチャーを受ける。担当のMEGUMI先生のあっけらかーんとした、明るい感じも救いだった。

そして、3ヶ月が過ぎた頃、そう、妊娠したのだ。

健康を手にしたあり方

〜口にするものが体を作る〜

食品会社が何を売ろうが自由。

でも、それを何も考えず口にするのは、子どもたちの健康を守る私がするべきことか?ということを考えさせられた。食品どうこうを評価するというより、選択責任という点。実際、私の体は口にしたものの影響に対してサインを発していたのだから見逃すわけにはいかない。だって、私は、夫と子どもたちとずっと長く幸せに生きるって決めてるから!


ライフスタイルチェンジはそう簡単には定着しない。それでもすぐにご褒美いっぱい!

45歳で妊娠、でも甲状腺炎を発症して薬を飲んでいた。その妊娠を継続して元気な赤ちゃんを産むために、まさにライフスタイルを見直していった。


食事の用意が面倒なのは、お腹をいっぱいにすればよいという考え方と、〜しなければという思いが強かったからだと気づき、きちんと知識を持ったうえで、身体のセンサーを重視するようにした。

朝日を浴びるようにし、自然との繋がりを大切にした。

すると!

妊娠中に、甲状腺炎の薬をやめることができ、元気な赤ちゃんを産むことができたのだ。

しかも、娘は上の子ふたりに比べて、肌がきれい!乳児湿疹は出ても自然にきれいになるほど。アトピーらしい症状は一切ない。

お医者さんから、産後半年で甲状腺炎発症を見越して紹介状をもらったが使うことなく7ヶ月に至る。体温が1度近く上がり、1日のパフォーマンスが全然違う!


今後に向けて

食を変えることで心にとても良い影響があると体感しました。

今までとおり、家族から世界平和のビジョン実現に向けて、ママのこころのサポート をしていきますが、

食とこころの関係も重要であることから、

食とこころの両面から皆さんの家族の基盤構築のサポートをしていきます。

感謝!

ファミリーファシリテーター 堅田亜貴子

※ 食に関してより深く学びたい方には、ATTiVA発酵リビングフードアカデミーをご紹介しています。何なりとお申し付けください。

おうちパワースポットの作り方

いつでも家族がリラックスできて元気になる☆

おうちパワースポットの作り方!

ママだからできること☆

やり方は、シンプル。

何 をするにも、どこにいても、何に対しても愛を込める、これに尽きる。

良かれ!はひとりよがりの始まり。

正解探しは、頭でっかちの始まり。

家族の声を聞いてこころ を取り戻そう!