子どもの宿題を手伝うか手伝わないか問題?

すっかり秋めいてまいりました。 わが家のクスノキからどんぐりがころころ落ちてくるのが楽しみで仕方がありません。

さて、もう秋だというのに、SNSでこんなニュースが流れてきました。

夏休み、子どもの宿題を手伝うか手伝わないか?秋に入ってもこのようなニュースが流れてくるということは、とても関心が高いのかもしれませんね。

元教員である私はというと、、、

手伝う派です。

が、しかし!!!

はなから、そのようなスタンスにはいません!

あくまでも子どもに寄り添った結果、手伝うところは手伝うというスタンスです。最初から口出しはしません。

例えば?どのように?

ケース1 小学校 低学年 感想文
本を読んだ感想はしゃべることはできても、書くスピードが追い付かず、そのうち何を書こうとしていたのか忘れていた様子だったので、ヒアリングし、代わりにメモし、それをゆっくり写してもらった。

ケース2 小学校 高学年 感想文
感想文は、このように書くべきという正解の形があるようで、書けなくなっていた。
読んだ本について時間をかけて話し、子どもの代わりにありのままの言葉で表現した。
子どもは、まるで自分が書いたようだと言っていた。その後、文章書くのがとても苦手になっていたのが、実は書けるのではないか、自分は得意かもしれないという心境の変化が起きていた。

ケース3 実験レポートの書き方
どんな実験をしたのか聞いた。
レポートとはどのようにまとめるのか、一緒に調べ、子どもと一緒にレポートを仕上げた。
担任の先生にとても評価された。

そもそも、大人のも手伝うことがあります。

大学生のケース 就職活動編
大手ITの就職を希望する大学生。
成績が思わしくないので、どうしたらよいかという相談。
彼のビジョンを聞き、受けたい会社と方向性があっているかを見極めたうえで、志望動機など指導。見事合格!

社会人ケース 社内昇格論文編
どうして昇格したいか?どんなビジョンがあるのか?を伺っているうちに、なぜ昇格したいかその根底にある本当の気持ちに気づけた様子。

困っていたら、大人だってサポートを求めていいですよね。

考察

子どもの宿題を手伝うか手伝わないかというより、寄り添い方なのだと思います。


宿題は本来、楽しんでやるものですから、つけはなしたり、逆にキット を買う必要はありません。

子どもの内なる声に寄り添うには、普段からの信頼関係の構築が大切。信頼関係をどのように築けばいいかわからないという方は、まずは五感を使って子どもと一緒に過ごすことから始めてみてくださいね。ぜひ、ファミリーファシリテーターにご相談下さい。

子どものビジョンは描くだけムダ!?

ファミリーファシリテーター 子どものビジョンの描き方

子どものビジョンについてのお話しです。
多くの子どもたちをみていて思うのは、自分の将来に関して、考える機会が少ないこと。

職業体験などを通して、少しは、機会が増え、学校の先生方も、かなり気合いを入れて伝えてくださっていますが、、、

まだまだ将来に関して描く時間が少なすぎます!

高校受験を機会に考えられればまだしも、、、
高校の選択科目を決める段階で、得意不得意で方向性を決めるケースは珍しくありません。高校の3学期の夏に志望校を変える、大学入学後に編入する、社会人になっても迷っている方をみかけます。

私が子どもたちにずっと伝えつづけていること

将来を描けない感じは、高校生になろうが、大学生になろうが、何ら小学生の頃と変わらない。だから、将来のことを先送りしないこと!!!

いざとなると夢を描けないケース

子どもたちは、遊び上手。その延長線上で、「こういうことをしたいな」「こんなことできるかな?」と漠然と考えていたりしますが、環境によって、自分が描く夢は、「夢」としてふさわしくないのでは?と押し殺してしまっているようです。

「子どものうちに描いていることと、実際は違うものだ。だから、子どもの夢なんて聞いたってムダ!?」というのは、果たしてそうなのだろうか?

時折、パパやママから、そのような声が聞こえます。
果たしてそうでしょうか?
だとしたら、子どもたちはどうしたらよいのでしょうか?
得意教科、不得意教科で決める?成績の良し悪し?親のアドバイス?を与えることで、子どもは、自分の人生を決定していくチャンスを奪われ、その結果、迷ってしまったり、将来のことなのに何か重荷を背負っている子どもたちが多いのも事実です。このことをどう捉えていきますか?

「将来のこと、どう考えればよいの?」


わからなくなってしまった子どもたちからこのような質問を受けます。
トラストメイク学習法は、カウンセリング型ベースの学習法。
将来のビジョンを描くのも、学習の中で積極的に取り入れています。
受験校を絞る際は特に必要です。というのも、子どもたちのモチベーションアップにつながり勉強そのものに向かう姿勢が変わるだけでなく、「合格する志望動機」につながるからです。

子どものビジョンを描くサポートをしていきたいあなたへ

「何をしているときが楽しい?」
「どんな人に憧れる?」

まずは、そこから聞いてみてください。
その際の注意点は、お子さんのこころが開く聞き方をすること。(決して、大人の判断を返さないでください。)時間をかけて、質問から派生する子どもたちのプロセスを見守りましょう。

パパやママの経験をたくさん話してあげることも役立ちます。「紆余曲折があっていまがある」「こんな失敗をした」そんな具体的な冒険談は、子どもたちにとって宝物のような話です。

一緒に冒険を楽しみましょう

子どもたちのこころの冒険に寄り添うということは、あなた自身が、未知の世界に入っていくということ。一緒に冒険を楽しんでくださいね!パパやママの期待は一切手放してください。

時に、親子で話すことが難しい場合は、ご連絡くださいね。

子どもたちが、何があってもパワフルに生きられるそんな生き方を応援しています!!!

夫婦の絆が自立した子どもを育てる 人生の成功を支える家族の基盤構築
は、トラストメイク学習法をパパママ向けにお伝えしています。
ファミリーファシリテーター
堅田亜貴子

トラストメイク学習法 個別指導の体験談

ひとつ向きあうごとに自信がつく!算数・数学のまったく新しい学習法【トラストメイク学習法】
ファミリーファシリテーター 堅田亜貴子です。

トラストメイク学習法をパパやママに直接お伝えしていきたいところですが、ご家族の時間をなかなか作れないパパやママに代わって、直接指導させていただくケースもあります。

今回は、小3男子くんのママの体験談をお伝えします!

『算数イヤイヤ脳が変化しました!』

算数がいやでいやで、宿題に向き合えませんでしたが、いまは、宿題も早く終わるようになったり、授業でも積極的に手を挙げられるようになっただけでなく、自ら進んで算数の上のクラスに志願するほど、積極的になりました。

もちろん成績も『よくできる』にいくつか丸がつくようになりました。算数イヤイヤ脳が改善したのが大きかったです。

当初、彼の個別指導が始まったときは、どことなく「こころここにあらず」の状態でした。例えば、

*問題を読むものの落ち着かない様子
*早く答えを書こうとしている
*応用問題は、勘で式を作る
*そもそも苦手意識が強く、ネガティブな言動が多い

指導のポイントは、「できない」というガチガチの心を緩め、算数に心が開くようにもっていくこと。

指導が進むにつれ彼は自分なりの発見をわたしに話してくれていました。

「今日ね!授業中に手を挙げたんだよ!」

「あのね、やればできるって信じればできるようになるってわかったんだ!」

「あーだから、あのとき、お父さんが○○って言ってくれてたんだ」

「お母さんが言ってくれていたことが、ぼくようやくわかった」

 

丁寧に彼の話しを聞き、プロセスに寄り添うことによってのみ、彼なりの方向性を見出すことができる

わたしがすることは、その内なる声を聞き逃さないことだけ。

そして、

信じること。

どの子もきちんと自分なりの答えをみつけます。

学校の担任の先生からも、

『最近、どうしたんですか?積極的ですね!」

って褒められたとか。

そういう結果が出始めたのは、指導してわずか、1か月半。

それから、しばらくは、定着させることに時間を使いましたが、ある程度安定してきので指導は4カ月で修了いたしました。

トラストメイク学習法の目標は、自分の足で立って考えることで、人生を楽しめるようになること。

彼のお稽古事、結構波に乗ってきたと伺っています。

また、成績も維持しているとのこと。

すばらしいですね!

 

トラストメイク学習法をパパやママに伝えていくことを使命と感じています。

苦手を克服した時の子どもの顔はキラキラ輝いています。

そんな笑顔に出会いたいと思いませんか?

トラストメイク学習法の土台は、ファミリーファシリテーターの土台と同じ、『信頼関係』

特に、パパやママの数学的な能力はまったく必要ありません。むしろ、できると邪魔をするケースが非常に多いのです。

子どもをよく知っているパパやママだからこそできる学習法。

塾が必要かどうかの見極めもできるようになり、塾代節約できるところも、おススメポイントです。

気になる方は、メルマガのご登録から!
http://fromthefamily.jp/mailmagazine/