母親特有の罪悪感を好転させよう!

本日の家族の基盤構築ポイント
母親特有の罪悪感という感情に気づき、付き合い方を知ろう!その一歩とは?

子育てしている中で自分を責めたことはありませんか?

ドイツのほ乳びん・おしゃぶりブランド ヌークの調査によると、2000人のうち87%の母親が子育てのある時点で罪悪感を感じたことがあり、そのうち21%が常に感じていると答えたそうです。

罪悪感とは、特に母親が感じがちな罪悪感とは、たとえばどのような感情をいうのでしょうか?あなたは、このような経験をしたことや聴いたことがありませんか?

✔ 私の妊娠中の行いが悪かったから、子どもが○○なのかも?
✔ 子どもがアレルギーになのは、私の過去の食生活のせい?
✔ 私がお料理上手だったら、子どもはもっと離乳食を食べられる?
✔ 私がしっかりしないから、子どもが幼稚園に行けない?
✔ 私の子育てが悪いから、子どもが幼稚園でトラブル続き?
✔ 先手を打った子育てをしなければ、この子が困ることになる?
✔ 子どもが○○をできないのは、私の育て方のせい?
✔ 子どもが泣いていたりすると、夫が責める?
✔ 私のせいでと嘆いているママを見るとイライラ?

私の15年の子育ての歴史を振り返ってみても、過去とてもつらかったときのこころのテーマといえば、『罪悪感』でした。

『罪悪感』は感情の一種ですから感じたからといって不安になることはありません。
ポイントは付き合い方、対処の仕方。

例えば、
ケース1
私のせいと嘆いてばかり。人に子育てを委ねがち。

ケース2
どうにかなるさとポジティブになるばかりで、早く子離れすることを考えている。

これらは、内心、罪悪感いっぱい!でもそんな自分を受け止められず、親としての立ち位置からズレてしまっていることで、問題を引き起こしかねないということなのです。

罪悪感ではなく、子どもの内なる声に反応していくことが抜け道です!!!

そして普段から家族の基盤を整えていきましょう。
罪悪感を感じているときに、家族に責められることほどつらいものはありません。
罪悪感は、ほかの人からすると、「違うよ、大丈夫だよ」と言ってもらえるかもしれません。または、罪悪感を感じる出来事から、夫婦で新しい道を見つけることもできます。
罪悪感は、夫婦で乗り越えられることであり、本来、家族はそのように支え合えるのです。

まとめ

罪悪感を感じるのは「私」だけではないということ。
家族の基盤があれば、
「親としてやるべきことをやろう」という力に変える機会にできます。

ただいまメルマガを登録してくださった方に、
家族の基盤構築ステップがわかる! スマホで読める無料PDF冊子
ママの不安や重荷を解放して、家族の人生の成功を支える!
家族の基盤チェックシートプレゼント中です。
ご登録ページはこちら↓
https://fromthefamily.jp/?page_id=11