家族基準の生き方

中学1年生のとき、父は風邪をこじらせ心不全になり、1ヶ月近く入院した。

でも、治療が終わったにも関わらず、会社に出社できない日が続いた。

高校1年生のとき、父は1週間ほどの入院をすると言って家を出た。

元気なのになんで入院するのだろうと疑問が残った。

5月に入ったとある日に、学校に父急変の知らせがきた。

わけがわからないまま、病院に向かう。

それから医師へ疑念が残る日々が続いた。

「警察を呼んでくれ」という父の言葉。

医師からの信じられない言葉。

廊下ですれ違い間際に必ず進路変更する医師。

医療裁判という4文字。

父が他界。

整理のため、父の会社に出向く。

会社の机の中はすでに整理されてほとんど空っぽ。

人事からの話は

労いではなく、「自己責任だから会社の責任はない」というもの。

なぜ急にそんなことを言う?

残された父の手帳。

過労。

部下の不審な死に方。

権力闘争。

出社拒否。

部下から明かされる信じられない言葉に凍り付いた高校時代。

そこから学んだこと。

会社のために尽くしても、

会社は労ってくれない。

そもそも、会社基準ではなく、

家族基準で仕事する必要があった。

そうしたら、父もいのちを守ることができたんだ。

家族のために父が働いた仕事。

肝心の父が死んでしまった。

喪失感。

絶望感。

そこから必死に這い上がり、

決めたこと。

もし私が家庭を持つことがあったら、絶対に夫の命を守ろう。

競争社会に巻き込まれない素敵な人生を開拓しよう。