気負わないことが家族のため

ファミリーファシリテーター

子どもに辛い顔を見せてはいけないと頑張っているママがいる。

もし、そのママが必要以上に文句いっぱいで、 ひとつひとつの選択に責任を持てないようであれば、 そんな風に頑張るのも時には役立つだろう。

でももし、、、
何もかもひとりで抱えるというスタンスならば、どうだろうか。

子どもは感じ取る、ママの無理を。

子どもは勘違いする、自分が無力だって。

子どもは学んでしまう、
限界超えても誰にも助けを求めずひとりで頑張ることを。

つい自分の中でおさめるのが大人なのかもしれないけれど、
握りしめている力をふっと抜いてみて!

あなたは、あなたの隣にいる天使のような存在にきづけるはず。

それは、あなたが思うようなカタチのサポートではないかもしれないけれど、 数倍素敵な子どもからのサポートを受け取れる。

そして感じてみて!

子どもが何を受け取っているのかを。

夫婦の絆が自立した子どもを育てる
人生の成功を支える家族の基盤構築
ファミリーファシリテーター 堅田亜貴子

パートナーのギフトをいくつ書き出せますか?

夫婦の絆が自立した子どもを育てる☆
人生の成功を支える家族の基盤構築
ファミリーファシリテーター堅田亜貴子です

ギフトのお話のつづきです。

子どもが小さいと、ついこころも身体もこどもに全力傾けてしまいがちですが、、、そんなとき、要注意なのは、パートナーのことが見えなくなってしまう点。

あなたは、パートナーのギフトをいくつ書き出せますか?

□ 子どものことは思いつくけれど、パートナーのことになると手が止まる
□ パートナーのことを都合の良いお父さんに思っている
□ 普段もありがとうが、こころが伴わなくなっているときが多い

というときは、要注意!

パートナーのギフトが見えていないということは、
子育てをひとりで抱え込んでいる可能性が大!だし、子どもにパートナーの良さが伝わらないし、実は注意信号なのです。

パートナーのギフト、10個は書き出せますか?

ギフトってなんだろう?

夫婦の絆が自立した子どもを育てる
人生の成功を支える家族の基盤構築
ファミリーファシリテーター
堅田亜貴子です。

ギフトって言葉、なかなか聞きなれない言葉かもしれません。

私も心理学を学んではじめて知りました。

ギフトについて、私がいちばんピンとくる絵本があります。

こぐま社
かみさまからのおくりもの
著 ひぐちみちこ

赤ちゃんがうまれると、かみさまからおくりものをプレゼントされます。その中身は???

この絵本は、息子たちがモンテッソーリスクールに入園したときに、園からプレゼントされたもの。兄弟それぞれに渡された、うちの子どもたちにとっては、「ぼくだけの絵本」です。それぞれにおくりもの=ギフトがあるというメッセージだったのではないかなと思います。

さて、みなさんのギフトは何ですか?

一生懸命がんばっているママほど、ご自身のギフトに気づけず、むしろ自分の悪いところばかり目についたり、責めたりしてしまうようです。

でも、ママのそんな姿、子どもたちにとっては、悲しいこと。

というわけで、あなたのギフトみつけましょ☆
ご参考までに例を挙げてみました。いくつ当てはまりますか?
□ 明るい
□ 素直
□ 率直
□ 自然
□ 反応がよい
□ 気づく
□ 優秀
□ 豊かさ
□ 簡単さ
□ リーダーシップ
□ シンプル
□ 協力的
□ 学ぶ
□ オープンである
□ 純粋

などなど。。。

あなたのギフト、ぜひ教えてくださいね